20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Cary Grant-2

ケーリー・ グラント

Cary Grant

   
1904-1986 (イギリス/アメリカ)


starbar

< 2ページ目 >
   
 ・アルフレッド・ヒッ チコック監督に説得され、『泥棒成金』(1955年)で2年ぶりに銀幕復帰。
To Catch a Thief An_Affair_to_Remember-2
『泥棒成金』(1955年)
グレース・ケリー

『めぐり逢い』(1957年/監督:レオ・マッケリー
デボラ・カー


 ・『誇りと情熱』(1957年/監督:スタンリー・ クレイマー撮影中には、ソフィア・ローレンに恋をしたという。『月夜の出来事』(1958年)でも共演した。
The_Pride_and_the_Passion Indiscreet
『誇 りと情熱』(1957年)
ソフィア・ローレンと
『無 分別』(1958年/監督:スタンリー・ドーネン
 イングリッド・バーグマンと

 ・ヒッチコック監督との4作目『北北西に進路を取れ』(1959年)は、ケーリー・グラントのキャリアで最大のヒット作となった。人気もピークも達し、主演作はことごとく大ヒットした。
North by Northwest Operation_Petticoat
『北北西に進路を取れ』(1959年)
エヴァ・マリー・セントと
『ペティ・コート作戦』(1959年/監督:ブレイク・エドワーズ
トニー・カーティス(右)と
The_Grass_Is_Greener-2
That_Touch_of_Mink
『芝生は緑』(1960年/監督:スタンリー・ドーネン)
ジーン・シモンズ、デボラ・カー、ロバート・ミッチャム

『ミンクの手ざわり』(1962年)
ドリス・デイ


 ・「007シリーズ」の生みの親イアン・フレミングは、『007 ドクター・ノオ』(1962年)の映画化に際し、ジェームズ・ボンド役にケーリー・グラントを希望したとされているが実現せず。

 ・1965年、東京オリンピックでの競歩競技を題材にした『歩け走るな!』(1966年)の撮影で来日。同作を最後に映画界から引退した。
Charade-2 Walk Don't Run
『シャレード』(1963年/監督:スタンリー・ドーネン)
オードリー・ヘップバーン

『歩け走るな!』(1966年)
ジム・ハットン(中央)と

 ・1965年、33歳年下の女優ダイアン・キャノンと再婚。翌年、62歳で初めての子を授かったが、1968年に離婚。娘のジェニファーの親権を巡って対立し、ダイアンは、ケーリーが麻薬の一種LSDを服用していることを暴露した。
 (右の写真)4番目の妻ダイアン・キャノン、
 娘のジェニファーと
Dyan Cannon

 ・アメリカでの人気のバロメーターの1つ、ドル箱 (マネー・メイキング)スター・ベストテンで は、1944年(9位)、1948年(8位)、1949年(6位)、1959年(2位)、1960年(3位)、1961年(5位)、1962年(3位)、1963年(5位)、1964年 (5位)、1965年(7位)、1966年(6位)と合計11回ランクイン。
 1959年からは8年連続でランクインしており、ダンディさに磨きがかかった50代半ばか らの人気が特に高かった。

Academy 1970  ・1970年、アカデミー賞名誉賞を受賞。
 『誇りと情熱』(1957年)で共演もしたフランク・シナトラがプレゼンターを務めた。
 (左の写真)アカデミー賞授賞式にて。フランク・シナトラ(右)と


YoutubeLogo
 アカデミー賞授賞式でのケーリー・グラント。渋い! 引退したのがもったいない。



 ・1981年、47歳も年下のバーバラ・ハリスと5度目の結婚。ケーリーが亡くなるまで連れ添った。
 (右の写真)5番目の妻バーバラ・ハリスと
with_Barbara_Harris-3

 ・1986年82歳で他界。

 ・AFI(アメリカ映画協会)が1999年に選定した「伝説のスター・ベスト50」で、男優部門の第2位に選出。


Cary Grant-3
Cary Grant-4

< ケーリー・グラント写真館 >

< 前ページ >

HOME