20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Love_in_the_afternoon

     昼下りの情事
     Love in the Afternoon
     監督:ビリー・ワイルダー
     (1957年/アメリカ)
filmbar

 
 2大人気 スター 夢の共演作

 花の都パリ。私立探偵のクロード・シャヴァッ スは、X氏夫人の浮気調査をしていたが、リッツ・ホテルのスウィート・
ルームで浮気をしている証拠写真を撮ることができ、事務所兼自宅へ帰った。
 シャヴァッスは娘のアリアーヌと2人暮らし。彼女は音楽院でチェロを習っているが、好奇心旺 盛で、父親の事件簿を内緒で読むのを楽しみにしている。特に道ならぬ恋絡みの事件がお気に入りである。
Love_in_the_afternoon-1
Love_in_the_afternoon-2
 依頼人のX氏が訪ねて来た。X 氏は妻の浮気を知るや、相手の男、アメリカ人の大富豪でプレイボーイとして名高いフラナガンを 撃ち殺すと宣言して部屋を後にした。アリアーヌはその様子を盗み聞きしていた。
 アリアーヌは音楽院の授業が終わると、友人のミ シェルの車でリッツ・ホテルに駆けつけた。スウィート・ルームの前には既にX氏が待機しており、アリアーヌはバルコニーから部屋に侵入し た。暫らくするとX氏が拳銃を手に乱入してきたが、その時には夫人とアリアーヌが入れ替わっており、フラナガンは難を逃れた。
Love_in_the_afternoon-3
Love_in_the_afternoon-4
 殺人を回避でき、アリアーヌが足早に部屋を出ようとした時、X氏が忘れ物を取りに引き返し て来た。フラナガンがとっさにラブ・シーンを演じ、ア リアーヌは唇を奪われた。「明日も会おう 」。アリアーヌはデートに誘われた。
Love_in_the_afternoon-5
Love_in_the_afternoon-6
 翌日。アリアーヌは父親に内緒でフラナガンの事件簿を読み、改めて彼のプレイボーイぶりを 知った。そして、もう会うまいと決心したものの、ホテルを訪ねた。
Love_in_the_afternoon-7
Love_in_the_afternoon-8
 フラナガンのお決まりの手である楽団が呼ばれ、2人は ‟魅惑のワルツ ” に合わせて踊った。彼のモットーは 「愛して逃げれば新たな愛に会える 」 。この日は世界中を飛び回っているフラナガンのパリでの最終日。アリアーヌは名前も明かさずに別れを告げた…。
Love_in_the_afternoon-9
Love_in_the_afternoon-10

  


youtube
 『昼下りの情事』 予告編



  主な出演者など

Love_in_the_afternoon-23
フラナガン役
 ゲーリー・クーパー Gary Cooper
アリアーヌ役
 オードリー・ヘップバーン Audrey Hepburn
シャヴァッス役
 モーリス・シュヴァリエ Maurice Chevalier

 ・原作は、フランス人作家クロード・アネの 「アリアーヌ」 (1920年出版)
 『Ariane, jeune fille russe(1931年/フランス)、『The Loves of Ariane (1931年/イギリス)、『Ariane (1931年/ドイツ) と同じ年に3ヶ国で映画化されており、ワイルダー監督はドイツ版を観たことがあったようです。
 ワイルダー監督のキャリア後期を支えた共同脚本家のI・A・L・ダイアモンドと初めて組んだ作品。 (右の写真) 左から、ゲーリー・クーパー、ワイルダー監督、
 オードリー・ヘップバーン、モーリス・シュヴァリエ

Love_in_the_afternoon-24
 * クロード・アネ … 本名はJean Schopfer 。テニスの選手でもあり、全仏オープンの前身の大会で優勝(1892年) したこともあった。

Love_in_the_afternoon-25
 ・フラナガン役はケーリー・グラン トが辞退し、ユル・ブリンナーも候補に挙がっていたという。ゲーリー・クーパー にとっては 『善人サム』 (1948年/監督:レオ・マッケ リー 以来のコメディ。若い時は、エルンスト・ルビッチフランク・キャプラといった名匠たちの名作コメディに数多く出演していたが、本作が最後のコ メディ作品 (カメオ出演を除く) となった。
 (左の写真) ゲーリー・クーパー と ビリー・ワイルダー監督

 ・オードリー・ヘップバーンにとって、ワイルダー監督とは 『麗しのサブリナ』 (1954年) 以来の2作 目であり、前作の 『パリの恋人』 (1957年) に引き続きパリジェンヌを演じることとなった。また、ワイルダー監督が師と仰いだエルンスト・ルビッチ監督作品で大活躍したフランスの大スター、モーリ ス・シュヴァリエが20年ぶりにハリウッド映画に出演した。 (右の写真) 左から、
 モーリス・シュヴァリエ、ゲーリー・クーパー、オードリー・ヘップバーン、ワイルダー監督
 
Love_in_the_afternoon-26

 ・フラナガンとアリアーヌが2本指でグッド・バイのポーズをとるが、これはクーパーの出世 作 『モロッコ』(1930年) を意識した演出である。『モロッコ』 では、クーパーと恋人役のマレーネ・ディート リッヒが同じポーズをとっている…。
 ワイルダー監督は映画ファンのハートをくすぐるのが本当に上手だ。
Morocco30
Love_in_the_afternoon-10
『モロッコ』 のマレーネ・ディートリッヒ
『昼下りの情事』 のオードリー・ヘップバーン

Love_in_the_afternoon-27
Love_in_the_afternoon-28
Love_in_the_afternoon-29
Love_in_the_afternoon-30

< 主題曲  『魅惑のワルツ』 >

HOME