20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

第二次世界大戦下の映画スター

Scandalbar


 クラーク・ゲーブルジェームズ・ステュアート (陸軍航空隊)ヘンリー・フォンダ (海軍)タイロン・パワー (海軍航空隊) といったハリウッド・スターが兵役に就き、ジャン・ギャバンはアルジェリアに赴き、自由軍フランスに入隊した。
  (右の写真) クラーク・ゲーブル
Clark_Gable

James_Stewart Tyrone_Power Jean_Gabin-2
ジェームズ・ステュアート
タイロン・パワー
ジャン・ギャバン

 多くのスターたちが、戦時国債キャンペーンや、兵士慰問のショーなどUSO (United Service Organizations ) の活動に従事した。また、ナチス・ドイツからの帰国要請を拒否していたマレーネ・ディートリッヒは、連合国軍の兵士たちを慰問して回った。
Bob_Hope Vivien_Leigh Marlene_Dietrich
ボブ・ホープ
ヴィヴィアン・リー
マレーネ・ディートリッヒ

 巨匠たちはドキュメンタリー映画を撮った。ジョン・フォード監督 (海軍) は、ミッドウェイ海戦で腕を負傷し、ウィリアム・ワイラー監督 (陸軍航空隊)は、右耳の聴力を失った。そして、フランク・キャプラ監督 (陸軍)は、「戦争は私を焼き尽くしてしまった 」 と語った。
 (右の写真) ウィリアム・ワイラー監督
William_Wyler


Hollywood_Canteen

 ハリウッド食堂

 ハリウッドに、軍人向けのクラブ 「Hollywood Canteen(1942年10月3日〜1945年11月22日) が開設された。
 軍の制服が入場券代わりで、クラブ内での飲食等は全て無料であったという。多くのハリウッド・スターやミュージシャンたちが、ボランティアとして連日入れ替わりで、軍人たちをもてなした。
 (右の写真) 運営の中心人物であったベティ・デイビスジョン・ガーフィ−ルド
Bette_Davis_&_John_Garfield

Mary_Pickford
Buster_Keaton
Hollywood_Canteen-2
メアリー・ピックフォード
バスター・キートン
(前) シャルル・ボワイエ (左)
       クローデット・コルベール (右)
(後) ゲーリー・クーパー (右)
Bette_Davis
Spencer_Tracy
Hollywood_Canteen-3
ベティ・デイビス スペンサー・トレイシー
マリー・ドレスラー(左)
マレーネ・ディートリッヒ(中央)

Cary_Grant
Olivia_de_Havilland
Hollywood_Canteen-4
ケーリー・グラント
オリヴィア・デ・ハヴィランド
クローデット・コルベール(左)
フランク・シナトラ(中央)
ビング・クロスビー(右)

Mickey_Rooney
Judy_Garland
Rita_Hayworth
ミッキー・ルーニー
ジュディ・ガーランド
リタ・ヘイワース
 その他ジョン・ウェインハンフリー・ボガートフレッド・アステアグレゴリー・ペックキャサリン・ヘップバーンバーバラ・スタンウィックイングリッド・バーグマンエリザベス・テイラー等々、当時のハリウッド・スターのほとんどが、少なくとも1度は駆けつけた。
 店内の壁には、兵役に就いた映画人の写真が飾られていた。
 (写真) 左からマレーネ・ディートリッヒ、ボブ・ホープ、ベティ・デイビス。
      ベティ・デイビスが指さしているのはクラーク・ゲーブル。

Hollywood_Canteen-5

HOME