20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Broken Blossoms

     散り行く花
     Broken Blossoms
     or the Yellow Man and the Girl
     監督:D・W・グリフィス
     (1919年/アメリカ)
filmbar

 
 薄幸な少 女と中国人青年の淡く儚い恋の物語

Broken Blossoms-2  中国人青年イエローマン ことチェ ン・ハン
 仏陀の教えを野蛮人の地へ広めるとの大志を抱き、海を渡ってロンドンへ赴いた。
 しかし、厳しい現実に直面し、現在ではスラム街・ライムハウスで雑貨店を営みつつ、日常的に阿片を吸うなど、夢破れたその生活は荒んでいた…。
 薄幸な少女ルーシー
 スラム街・ライムハウスで、プロボクサーの父親と2人で暮らしている。
 父親は昼間から酒を飲み、不満・鬱憤のはけ口として、ルーシーを奴隷のように扱う野蛮人の化身。
 毎日のように虐待を受けているルーシーは笑顔を作ることさえ出来ず、歩く姿はまるで老婆のよう…。
Broken Blossoms-3

  
  主な出演者など

Lillian Gish
 ルーシー役
 リリアン・ギッシュ
 Lillian Gish
Richard Barthelmess
 チェン・ハン役
 リチャード・バーセルメス
 Richard Barthelmess
Donald Crisp
 父親役
 ドナルド・クリスプ
 Donald Crisp



 ・「アメリカ映画の父」 D・W・グリフィス監督。彼がチャップリンフェ アバンクスピックフォードと共同で設立したユナイテッド・アーチスツ社の 記念すべき第1回配給作品。
Broken_Blossoms-12

Broken Blossoms  ・原作ではルーシーは10代前半という設定。当時26歳のリリアン・ギッシュは出演を躊 躇したが、彼女の演技力を買っていたグリフィス監督に説得されて出演。
 リリアン・ギッシュの気分が盛り上がるように、音楽を流したり、監督自ら哀しい話を物語ったりしながらの撮影であったという。

 ・父親から 「笑え」 と言われ、指で口の端を押し上げて無理に笑顔を作るルーシーの哀れさ。
 もしも、スニーク・プレビュー (覆面試写会) が行われていたら、きっと安易な結末に変更されてしまっていたのではないかと思う。
 サイレント期を代表する悲恋映画の名作。
 
Broken Blossoms-11
 
 ◆ ピック・アップ … リチャード・バーセルメス

Richard Barthelmess-2
 Richard Barthelmess  1895-1963  (アメリカ)

 ・1895年、ニューヨーク生れ。生後間もなく父親を亡くし、母親が舞台女優であったことから、幼い頃から舞台に出演していた。

 ・1916年に銀幕デビュー。グリフィス監督の 『散り行く花』 (1919年) 、『東への道』 (1920年) が大ヒットし、人気スターに。

/Broken_Blossoms-13
Way_Down_East
『散り行く花』   リリアン・ギッシュと
『東への道』  リリアン・ギッシュと
 ・1921年、ヘンリー・キング監督等と製作会社 「インスピレーション・ピクチャーズ社」 を設立。『乗合馬車』(1921年) 等をヒットさせた。

 ・1927年、アカデミー協会 (映画芸術科学アカデミー) の創設会員36名の1人として名を連ねた。

 ・『熱血拳闘手』 (1927年)、『獄中日記』 (1928年) の2作で、第1回アカデミー賞の主演男優賞にノミネート。

 ・トーキー以降は作品に恵まれなかった。第二次世界大戦に従軍し、復員後は銀幕復帰し なかった。

 ・1963年68歳で他界。

  (右の写真) 左から、リリアン・ギッシュ、リチャード・バーセルメス、ドロシー・ギッシュ
Lillian-Richard-Dorothy

HOME