20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Elvis_Presley

エルヴィス・プレスリー

Elvis Presley

 
1935-1977 (アメリカ)

 

starbar

     代表作
 
Jailhouse_Rock
 監獄ロック
 Jailhouse Rock
 (1957年/アメリカ)
King_Creole
 闇に響く声
 King Creole
 (1958年/アメリカ)
G.I._Blues
 G.I.ブルース
 G.I.Blues
  (1960年/アメリカ)
Blue_Hawaii
 ブルー・ハワイ
 Blue Hawaii
 (1961年/アメリカ)
Viva_Las_Vegas
 ラスベガス万才
 Viva Las Vegas
 (1964年/アメリカ)
That's_the_Way_It_Is-2
 エルビス・オン・ステージ
 Elvis : That's the Way
  It Is

 (1970年/アメリカ)

     ◆  ‟ キング・オブ・ロック ” 銀幕での軌跡

 ・1935年、ミシシッピ州生れ。11歳の誕生日にギターをプレゼントされた。
 13歳の時にテネシー州メンフィスへ引っ越し、高校卒業後、トラック運転手として働いていた。
 (右の写真) 子供の頃のエルヴィス・プレスリー
Elvis_Presley-4

Elvis_Presley-5
 ・メンフィスのスタジオで自腹で歌を録音したことがきっかけで、サン・レコード社と契約。「ザッツ・オール・ライト」 (1954年) でレコード・デビューをした。

 ・1955年、RCAレコード社と契約。「ハートブレイク・ホテル」 (1956年) が大ヒットし、ロックン・ロール歌手としてトップ・スターの地位に躍り出た。
 (左の写真) 1955年のエルヴィス・プレスリー

 ・映画製作者のハル・B・ウォリスと契約。ワーナー・ブラザース社在籍時に 『カサブランカ』 (1943年) 等を製作し、当時は独立していた名製作者である。
 プレスリーはマーロン・ブランドジェームズ・ディーンに憧れ、演技派を目指していたという。『理由なき反抗』 のディーンの台詞は丸暗記していた。
 (右の写真) ハル・B・ウォリスと
Hal_B._Wallis

1956年
 やさしく愛して
 南北戦争の頃に実在したギャングのリノ4兄弟を描いたミュージカル・タッチの西部劇。当初のタイトルは 「Rino Brothers 」 だったが、公開前にリリースされた主題歌 「やさしく愛してLove Me  Tender ) 」 が大ヒットしたため、映画のタイトルも改められた。
1957年
 さまよう青春
 タイトル曲 「Loving You 」 はレコードではB面となり、A面の 「テディ・ベア」 が大ヒットした。  

 監獄ロック
 ターザン映画を数多く撮ったリチャード・ソープ監督の作品。映画完成の3日後にヒロイン役のジュディ・タイラーが交通事故で亡くなり、プレスリーは映画を観ることが出来なかったという。
 主題歌 「監獄ロック」 は、AFI (アメリカ映画協会) が2004年に選定した 「アメリカ映画主題歌ベスト100」 で第21位に選出された。
1958年
 闇に響く声
 監督は 『カサブランカ』 のマイケル・カーティス。批評家の評価も良く、プレスリー本人のお気に入りでもあった作品。主題歌は 「冷たい女 (Hard Headed Woman ) 」。

Love_Me_Tender Jailhouse_Rock-2 King_Creole-2
『やさしく愛して』
『監獄ロック』
『闇に響く声』

 ・当時のアメリカの徴兵制により、1958年3月から1960年3月まで陸軍で兵役に就いた。軍隊では空手を習った。

1960年
 G.I.ブルース
 監督のノーマン・タウログとは合計9作品で組むこととなった。

 燃える平原児
 ドン・シーゲル監督による西部劇。
1961年
 嵐の季節
 『闇に響く声』 同様の非アイドル作品だが、批評家からは酷評された。

 ブルー・ハワイ
 前作から一転、思いっきりアイドル路線のミュージカルで人気作品に。
1962年
 夢の渚
 ロマンチック・コメディ作品。

 恋のKOパンチ
 エドワード・G・ロビンソンベティ・デイビス主演 『倒れるまで』(1937年) のリメイク作。プレスリーはボクサー役に挑戦した。

 ガール!ガール!ガール!
 ハワイを舞台にした2作品目。ゴールデン・グローブ賞の作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) にノミネートされた。
1963年
 ヤング・ヤング・パレード
 1962年にシアトルで開催された万国博覧会を舞台にした青春ドラマ。

 アカプルコの海
 リチャード・ソープ監督との2作目。
1964年
 キッスン・カズン
 プレスリーは1人2役に挑戦した。

 ラスベガス万才
 『錨を上げて』(1945年)、『アニーよ銃をとれ』 (1950年) といったミュージカルの名作を撮ったジョージ・シドニー監督の作品。

 青春カーニバル
 大女優バーバラ・スタンウィックとの共演作品。

G.I._Blues-2
Blue_Hawaii-2
Viva_Las_Vegas-2
『G.I.ブルース』
『ブルー・ハワイ』
『ラスベガス万才』

 ・兵役後、プレスリーは映画の撮影とレコーディングに明け暮れていた。1968年にTV番組 「’68 カムバック・スペシャル」 にするまで、TV出演は1960年5月のフランク・シナトラ司会の特別番組が最後であり、コンサートは1961年3月にハワイでおこなったきりだった。
 ファンは映画館に足を運ばなければならない状況だったが、作品はマンネリ化したものであり、人気は下降の一途を辿った。それでも契約に縛られていたので映画に出演し続けた。
 * 1961年3月のハワイ公演 … 日本軍の真珠湾攻撃で沈没した戦艦アリゾナとその乗務員を追悼するアリゾナ記念館の建設資金を調達するためのコンサート。

1965年
 フロリダ万才
 いかすぜ!この恋
 ハレム万才
1966年
 フランキー and ジョニー
 ハワイアン・パラダイス
 カリフォルニア万才
1967年
 GO!GO!GO!
 ダブル・トラブル
 ブルー・マイアミ
1968年
 ステイ・アウェイ・ジョー
 スピードウェイ
 バギー万才
 1969年
 殺し屋の烙印
 トラブル・ウィズ・ガール
 チェンジ・オブ・ハビット

Harum_Scarum
Speedway
Charro!
『ハレム万才』
『スピードウェイ』
『殺し屋の烙印』

 ・1968年に放映されたTV番組 「’68 カムバック・スペシャル」 は、全米で視聴率42%、瞬間視聴率では70%という驚異的な数字を叩き出し、歌手エルヴィス・プレスリーの人気が衰えていないことを示した。

That's_the_Way_It_Is
 ・映画出演の契約が終了したプレスリーはコンサート活動を再開。コンサートの模様やリハーサル、楽屋での風景を収めたドキュメンタリー映画 『エルビス・オン・ステージ』 (1970年) 、ゴールデン・グローブ賞の最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞した 『エルビス・オン・ツアー』 (1972年) が製作された。
 (左の写真) 『エルビス・オン・ステージ』

 ・アカデミー賞を受賞した先輩歌手のビング・クロスビーやフランク・シナトラにように俳優としても大きな成功を収めることは出来なかったが、フェロモンの塊のような歌声は未だに世界中の音楽ファンを魅了し続けている。

 ・1977年42歳で他界。

Elvis_Presley-2
Elvis_Presley-3

< エルヴィス・プレスリー写真館 >

HOME