20世紀・シネマ・パラダ イス

filmbar
Marcelino_Pan_y_Vino

     汚れなき悪戯
     Marcelino Pan y Vino
     監督:ラディスラオ・バハダ
     (1955年/スペイン)
filmbar

 
 世界中で 大ヒットした宗教映画 の名作

 聖マルセ リーノ祭の日を迎えたスペインのとある小さな村。1人の神父が病床の少女を見舞い、マルセリーノの奇
蹟について語った…。
 …昔々、フランス軍との戦争で焼け野原となった村が復興した頃、他所から3人の修道士が来て、丘の上の廃屋の使用許可を願い出た。
 3人は村人たちの協力を得て、廃屋を修道院に建て直し、数年後には12人の修道士たちが寝食を共にするようになっていた…。
Marcelino-1

Marcelino-2
 ある朝、修道院の門前に赤ん坊が捨てられていた。赤ん坊はマルセリーノ (その日の守護天使の名前) と名付けられた。
 修道士たちはマルセリーノの母親を探したが見当たらず、次は里親を求めて村中を歩き回った。1軒だけ、鍛冶屋が赤ん坊を引き取ると返事をしたが、鍛冶屋 が息子に手をあげるのを見た修道士はマルセリーノを渡すことを拒否した。
 マルセリーノを修道院で育てることに決まって間もなく、修道院の理解者だった村長が亡く なった。後任の村長となった鍛冶屋は、赤ん坊を引き渡さなければ修道院を取り潰すと脅したが、他の村会議員たちに反対された。

 5歳となったマルセリーノは修道士たちをあだ名で呼ぶようになっていた。
 ある日、馬車が故障したため修道院に立ち寄った農家の家族があった。年若い農家の母親と接したマルセリーノは、初めて母親の面影を思い描いた。
  「パパは12人いる…。ママはいないんだ… 」。
Marcelino-3
Marcelino_Pan_y_Vino/Marcelino-4
 マルセリーノは炊事係の ‟お粥さん” に訊ねた。
  「ぼくのママはどこにいるの?
  「天国にいる。きっと美人だ 」
 マルセリーノは修道院の2階に上がることを禁じられていた。
  「2階には大男がいてさらわれてしまう

Marcelino-5
Marcelino-6
 マルセリーノが皆の目を盗んで2階へ上がってみると、十字架に磔となったキリストの像が置 いてあった…。

  

youtube
 『汚れなき悪戯』 予告編


  主な出演者など

Marcelino-12
 ・マルセリーノ役 パブリート・カルボ
 ・‟お粥さん”役 … ファン・カルボ
 ・修道院長役 … ラファエル・リベレス
 ・最初と最後に登場する神父役 (兼ナレーター)
   … フェルナンド・レイ
 * フェルナンド・レイ … 『フレンチ・コネクション』 (1971年) で麻薬組織のボスを演じた俳優

 ・原題は ‟パンと葡萄酒のマルセリーノ”。
 1952年に発表された同名の小説を、監督のラディスラオ・バハダと原作者のホセ・マリア・サンチェス・シルバの2人が脚色した。

 ・パブリート・カルボがカンヌ国際映画祭の特別子役賞を受賞。彼の愛くるしさが受け、スペイン映画で初めて国際的な成功を収めた。
Marcelino-9

Marcelino-13
 ・修道士が12人なのは、‟最後の晩餐”の使徒の人数に合わせたのかな?
 キリスト教についての知識が無くても十分に楽しめる作品です。

Marcelino-14
Marcelino-15

< 主題歌  「マルセリーノの唄」 >

HOME