20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Audrey_Hepburn

オードリー・ヘップバーン

Audrey Hepburn

 1929- 1993(イギリス)

 

heartbar


   代表作

Roman_Holiday-2
Sabrina-2
ローマの休日
Roman Holiday
(1953年/アメリカ)
麗しのサブリナ
Sabrina
(1954年/アメリカ)
Love_in_the_Afternoon-
The_Nun's_Story
昼下りの情事
Love in the Afternoon
(1957年/アメリカ)
尼僧物語
The Nun's Story

(1959年/アメリカ)
Breakfast_at_Tiffany's
Charade
ティファニーで朝食を
Breakfast at Tiffany's
(1961年/アメリカ)
シャレード
Charade
(1963年/アメリカ)
My_Fair_Lady-1
Wait_Until_Dark-3
マイ・フェア・レディ
My Fair Lady

(1964年/アメリカ)
暗くなるまで待って
Wait Until Dark
(1967年/アメリカ)


    銀幕の妖精 日本で最も愛された外国人俳優

 ・1929年、ベルギーのブリュッセル生れ。本名はAudrey Kathleen Hepburn Ruston。父親はボヘミア出身のイギリス人、母親はオランダ人で再婚同士だった。1935年、父親が家族を捨てて出奔。母親と幼いオードリーは、オランダのアーネム(1935年〜)、イギリスのケント(1937年〜)、再びオランダのアーネム(1939年〜)へと移り住んだ。
 (右の写真)母親と赤ん坊の頃のオードリー
Audrey_Hepburn_&_Mother

Audrey_Hepburn_1944
 ・1940年5月、オランダがナチス・ドイツに占領され、育ち盛りの10代前半を占領下で過ごすこととなった。
 占領後期には、食料難により栄養失調となったが、プリマドンナを夢見て音楽学校でバレエを習い続けていた。
 (左の写真)1944年、学生時代のオードリー

 ・戦後、アムステルダムに移住。通っていたバレエ教室に訪ねて来た映画関係者にスカウトされ、オランダのPR映画『オランダの七つの教訓』(1948年)に出演。スチュワーデスの役で3〜4分の出演だった。
 (右の写真)『オランダの七つの教訓』
Nederlands_in_Zeven_Lessen

Audrey_Hepburn_London
 ・1948年、バレリーナとしての素養が認められ、奨学金を得てロンドンのランバート・バレエ学校に入校。
 生活費を稼ぐために、ミュージカル劇「ハイ・ボタン・シューズ」(1948年)にコーラス・ガールとして出演。その後も舞台「ソース・タルタル」(1949年)、「ソース・ピカンテ」(1950年)に出演した。
 (左の写真)舞台出演時のオードリー(右端)

 ・舞台出演中にスカウトされ、本格的に映画女優の道を歩むこととなった。『若気のいたり』、『素晴らしき遺産』、『ラベンダー・ヒル・モブ』、『若妻物語』(1951年/英)に端役で出演。『モンテカルロへ行こう』(1952年/英・仏)で初の主役を務め、『初恋』(1952年/英)ではバレリーナ役(ヒロインの妹)を演じた。
 (右の写真)『モンテカルロへ行こう』 マルセル・ダリオと
Monte_Carlo_Baby-2

 ・1951年、フランスで『モンテカルロへ行こう』の撮影中、女流作家のコレットと出会い、彼女の新作の戯曲「ジジ」のヒロインを演じることが決まった。更に、ロンドンへ戻ってから、ハリウッド映画『ローマの休日』のヒロインに抜擢されることも決まった。

Gigi-2
 ・1951年11月から翌1952年5月まで、ブロードウェイの舞台「ジジ」に出演。その後、『ローマの休日』の撮影に臨んだ。
 (左の写真)舞台「ジジ」 キャスリーン・ネスビット(右)と
 
*「ジジ」 … レスリー・キャロン主演『恋の手ほどき』(1958年)として映画化された。

 ・私生活では、ロンドンの舞台に出演していた頃に、実業家のジェームズ・ハンソンと出会い、恋に落ちた。
 2人は婚約し、ウェディング・ドレスも出来上がっていたが、オードリーが女優として飛躍するにつれ、2人の間に溝が生じ、婚約は解消された。
 (右の写真)婚約者だったジェームズ・ハンソンと
 * この時のウェディング・ドレスは2009年にオークションに出品された。
with_James_Hanson

 ・『ローマの休日』の撮影後、舞台「ジジ」の全米公演(1952年10月から1953年5月まで)に出立。

 ・1953年7月、グレゴリー・ペックが開催したパーティーで、未来の夫メル・ファーラーと初対面。当時のメル・ファーラーは妻帯者(1953年12月に離婚)だった。

Roman_Holiday
 ・自身初のハリウッド映画『ローマの休日』(1953年)が公開され、世界のアイドルに。
 ほぼ無名の新人を大抜擢したウィリアム・ワイラー監督曰く、「ハリウッドからグラマーという言葉がなくなるだろう」。
 アカデミー賞主演女優賞の他、多くの賞を受賞した。
 (左の写真)『ローマの休日』グレゴリー・ペックと


youtube
 アカデミー賞授賞式。司会:ドナルド・オコナー、候補者発表:ゲーリー・クーパー



 ・『麗しのサブリナ』の撮影終了後、ブロードウェイの舞台劇「オンディーヌ」(1954年2月〜6月)に出演。トニー賞の演劇主演女優賞を受賞した。
 公演中に共演者のメル・ファーラーと相思相愛の関係となった。
 (右の写真)舞台「オンディーヌ」 メル・ファーラーと
Ondine

Sabrina
 ・ハリウッドでの2作目『麗しのサブリナ』(1954年)公開。
 監督はビリー・ワイルダー、共演はハンフリー・ボガートウィリアム・ホールデン。パラマウント社の力の入れようが分かる豪華な顔ぶれとなった。オードリーは米・英のアカデミー賞主演女優賞等にノミネートされた。
 (左の写真)『麗しのサブリナ』 ハンフリー・ボガート(左)、ウィリアム・ホールデンと

 ・1954年9月、スイスでメル・ファーラーと結婚。オードリー25歳、メル・ファーラー37歳。彼は3度の離婚歴(1度目と3度目は同じ相手)があり、4人の子持ちだった。次作の『戦争と平和』(1956年)、TVドラマ「マイヤーリング」(1957年)で共演もした。
 (右の写真)メル・ファーラーとの結婚式時
Mel_Ferrer_Wedding

War_and_Peace
 ・伊・米合作の文芸大作『戦争と平和』(1956年)に出演。製作者ディノ・デ・ラウレンティスの妻シルヴァーナ・マンガーノが出演を辞退し、オードリーが起用された。撮影前、初めての子共を流産(1955年3月)した。キング・ヴィダー監督曰く、「一緒に仕事をした女優の中で、オードリーは一番のお気に入り」。(左の写真)『戦争と平和』 メル・ファーラー(左)、ヘンリー・フォンダ

 ・自身初のミュージカル映画『パリの恋人』(1957年/監督:スタンリー・ドーネンでは、ハリウッド・ミュージカルの第一人者フレッド・アステアを相手に、バレエで鍛えたダンスだけでなく、歌声も披露した。オードリーがパリジェンヌに扮した最初の作品。
 (右の写真)『パリの恋人』 フレッド・アステアと
Funny_Face

Love_in_the_Afternoon
 ・『昼下りの情事』(1957年/監督:ビリー・ワイルダー)の相手役はゲーリー・クーパー。日本で最も人気のあった外国人男優と女優の共演が実現した。オードリーは前作に引き続きパリジェンヌに扮した。
 (左の写真)『昼下りの情事』 ゲーリー・クーパーと
 

 ・夫のメル・ファーラーが監督した『緑の館』(1959年)は、オードリーの主演作で初めての失敗作となった。
 舞台「オンディーヌ」では水の妖精を演じたが、本作では森の妖精のような女性を演じた。
 (右の写真)『緑の館』 アンソニー・パーキンス
Green_Mansions

The_Nun's_Story-2
 ・『尼僧物語』(1959年)は、脚本に感銘したオードリーが、どの作品よりも強い思いで撮影に臨んだとされている作品。米アカデミー賞の主演女優賞にノミネート(3度目)され、英アカデミー賞の主演女優賞を受賞(2度目)した。
 フレッド・ジンネマン監督曰く、「オードリーほど仕事に献身的な人は見たことがない」。
 (左の写真)『尼僧物語』 ピーター・フィンチと

< 次ページ > 

HOME