20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Maureen O'Hara

モーリン・オハラ

Maureen O'Hara

   
1920- 2015 (アイルランド/アメリカ)


heartbar


     代表作

The_Hunchback_of_Notre_Dame-3
How Green Was My Valley
ノートルダムの傴僂男
The Hunchback of Notre Dame

(1939年/アメリカ)
わが谷は緑なりき
How Green Was My Valley

(1941年/アメリカ)
The Black Swan
Miracle_on_34th_Street-3
海の征服者
The Black Swan

(1942年/アメリカ)
三十四丁目の奇蹟
Miracle on 34th Street

(1947年/アメリカ)
The_Quiet_Man
The_Long_Gray_Line-2
静かなる男
The Quiet Man

(1952年/アメリカ)
長い灰色の線
The Long Gray Line
(1955年/アメリカ)

 
    総天然色 <テクニカー> の女王

 ・1920年、アイルランドのダブリン近郊にて、6人兄妹の次女として生まれた。本名はMaureen FitzSimons。6歳の時から演技、音楽、ダンスのレッスンを受け、14歳の時に地元の劇団に入り、舞台で活躍した。

Laughton_O'Hara  ・イギリス映画『Kicking the Moon Around(1938年)で銀幕デビュー。名優チャールズ・ロートンの目に留まり、彼の手引きで2作目『My Irish Molly(1938年)に出演。当時は本名で活動していた。
 (左の写真)チャールズ・ロートンと

 ・その後、ロートンがドイツの映画製作者エリッヒ・ポマーと設立したメイフラワー社と契約。‟モーリン・オハラ”の芸名を授かり、同社が製作した『巌窟の野獣』(1939年/監督アルフレッド・ヒッチコックでヒロインを演じた。
 (右の写真)『巌窟の野獣』 チャールズ・ロートンと
Jamaica Inn

The_Hunchback_of_Notre_Dame   ・ロートンと共にハリウッドへ渡り、彼が主役の『ノートルダムの傴僂男』(1939年)で、ヒロインのエスメラルダを好演。作品は大ヒットし、人気女優の仲間入りを果たした。
 (左の写真)『ノートルダムの傴僂男』 チャールズ・ロートンと

 ・『ノートルダムの傴僂男』の撮影後、第2次世界大戦が勃発し、イギリスでの映画製作が困難となった。ロートンは契約でオハラを縛ることもなく、彼女はメイフラワー社からアメリカのRKO社へ移籍することが出来た。
 (右の写真)『ノートルダムの傴僂男』出演時
Maureen_O'Hara-4

How Green Was My Valley-2  ・RKO社で3本の映画に出演した後、20世紀FOX社で、ジョン・フォード監督の『わが谷は緑なりき』(1941年)に出演。作品は大ヒットし、彼女の人気を決定的なものとした。
 (左の写真)『わが谷は緑なりき』 ウォルター・ピジョン

 ・私生活では、1939年に映画製作者のジョージ・H・ブラウンと結婚したが、1941年に離婚。同年、映画監督のウィル・プライスと再婚し、1944年に長女を授かったが、1953年に離婚した。
 (右の写真)2度目の夫、ウィル・プライスと
Will Price

The_Black_Swan-2  ・初のカラー(テクニカラー)作品は、当時の夫ウィル・プライスが監督した『トリポリ魂 海兵隊よ永遠なれ』(1942年)
 2作目のカラー作品『海の征服者』(1942年)が大ヒット。彼女の見事な赤毛はカラー映えして、‟テクニカラー・クィーン”<総天然色の女王>と呼ばれるようになった。
 (左の写真)『海の征服者』 タイロン・パワー

 ・フランスの名匠ジャン・ルノワール監督が、ハリウッドで撮った『自由への闘い』(1943年)で、恩師のチャールズ・ロートンと共演。最後の共演作品となった。
 (右の写真) 『自由への闘い』 チャールズ・ロートンと
This_Land_Is_Mine

Buffalo_Bill
Sentimental_Journey
『西部の王者』(1944年/監督:ウィリアム・A・ウェルマン
ジョエル・マクリー

『センチメンタル・ジャーニー』(1946年)
ジョン・ペインと


Miracle on 34th Street-2  ・『三十四丁目の奇蹟』(1947年)は、クリスマス映画の定番となり、カラー化もされた人気作。
 (左の写真)『三十四丁目の奇蹟』 エドマンド・グウェン、ナタリー・ウッド

 ・『三十四丁目の奇蹟』で彼女の娘を演じ、青春スターとなってからも彼女の事を「モーリン・ママ」と呼んでいたナタリー・ウッドが事故死(1981年)?した時は、人目もはばからず号泣したという。
 (右の写真) 『三十四丁目の奇蹟』撮影時。ナタリー・ウッドと
Natalie_Wood

Rio Grande  ・ジョン・フォード監督の騎兵隊3部作の第3作目『リオ・グランデの砦』(1950年)で、ジョン・ウェインと初共演。
 (左の写真)『リオ・グランデの砦』 ジョン・ウェインと

 ・ジョン・フォード監督はアイリッシュの俳優を好んで起用したが、彼女もその1人。『わが谷は緑なりき』、『リオ・グランデの砦』、『静かなる男』、『長い灰色の線』、『荒鷲の翼』の5作品に出演。フォード監督作品の代表的なヒロインでもあった。
 (右の写真) 『静かなる男』 撮影時。ジョン・フォード監督と
John Ford

The Quiet Man-2  ・彼女の母国アイルランドを舞台にした『静かなる男』(1952年/監督:ジョン・フォード)は、本人のお気に入りの作品。
 ジョン・ウェインとの嵐の中のキス・シーンが有名。『E.T.』(1982年/監督:スティーヴン・スピルバーグ)の中で使用された。
 (左の写真)『静かなる男』 ジョン・ウェインと

 ・ジョン・ウェインとは、『リオ・グランデの砦』、『静かなる男』の後、『荒鷲の翼』、『マクリントック』、『100万ドルの血斗』で共演。デュークの銀幕でのベスト・パートナーだった。
The Wings of Eagles
McLintock
『荒鷲の翼』(1956年)
『マクリントック』(1963年)

 ・ジョン・ウェインが亡くなった後、彼に大統領自由勲章が授けられるように、俳優仲間たちと奔走もした。
 (右の写真)『静かなる男』撮影時。ジョン・ウェインと
with John Wayne

The_Long_Gray_Line-3
The_Parent_Trap
『長い灰色の線』(1955年/監督:ジョン・フォード)
タイロン・パワーと

『罠にかかったパパとママ』(1961年)
ヘイリー・ミルズ
Mr._Hobbs_Takes_a_Vacation
Spencer's_Mountain
『H氏のバケーション』(1962年)
ジェームズ・ステュアート

『スペンサーの山』(1963年)
ヘンリー・フォンダ


 ・ブロードウェイのミュージカル「Christina(1960年)やTVでは、その見事な歌声も披露した。

Charles_F._Blair  ・1968年、航空会社の経営者チャールズ・F・ブレアーと再婚。1978年に彼が飛行機事故で亡くなるまで連れ添った。
 (左の写真)3度目の夫、チャールズ・F・ブレアーと

 ・ヘンリー・フォンダと共演したTVドラマ「赤い仔馬」(1973年)を最後に芸能界から引退。
 (右の写真)TV「赤い仔馬」 ヘンリー・フォンダと
The Red Pony

Only the Lonely  ・『オンリー・ザ・ロンリー』(1991年)で、劇場用映画としては『100万ドルの血斗』以来、20年ぶりに銀幕復帰。その後もTVドラマで活躍した。
 (左の写真)『オンリー・ザ・ロンリー』 ジョン・キャンディと

 ・2014年、アカデミー賞名誉賞を受賞。
 演技賞部門でノミネートされたことがない女優の名誉賞受賞は、マーナ・ロイに次いで2人目。
 授賞式のスピーチでは、チャールズ・ロートン、ジョン・フォード、ジョン・ウェインの3人の名前を挙げて、感謝の言葉を捧げた。 
 (右の写真)同じく名誉賞を受賞したアニメ映画の巨匠・宮崎駿監督と
Maureen_O'Hara_and_Hayao_Miyazaki


youtube-logo
 アカデミー賞名誉賞の授賞式。プレゼンターはクリント・イーストウッドとリーアム・ニーソン。



 ・2015年95歳で他界。

Maureen O'Hara-2
Maureen O'Hara-3


HOME