20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

映画界 事件&スキャンダルの歴史

Scandalbar

< 10ページ目 >

1951年
大物プロデューサー 妻の浮気相手に発砲

 映画製作者のウォルター・ウェンジャー。パラマウント社、コロンビア社を経て、1930年代後半に独立。
 ジョン・フォード監督の『駅馬車』(1939年)、『果てなき航路』(1940年)アルフレッド・ヒッチコック監督の『海外特派員』(1940年)フリッツ・ラング監督の『暗黒街の弾痕』(1937年)、『緋色の街/スカーレット・ストリート』(1945年)、『扉の陰の秘密』(1948年)等を製作し、1939年から1945年までアカデミー協会の会長を務めた大物製作者。
Walter_Wanger

Walter_Wanger-3
 1940年、人気女優のジョーン・ベネットと結婚。
 1951年12月、ベネットと彼女の代理人が一緒にいる所へ拳銃を持って近づき、代理人の男性に2発発砲。太腿と股間に命中させ、ウェンジャーは4ヶ月の懲役を科せられた。
 (左の写真)ウォルター・ウェンジャー、ジョーン・ベネット
 

 ジョーン・ベネットは否定したが、ウォルター・ウェンジャーは妻の浮気の証拠を掴んでいたという。
 エロール・フリンもベネットとの浮気の嫌疑を受け、ウェンジャーに「殺すぞ 」と脅されたことがあったとか。
 (右の写真)ウォルター・ウェンジャー、ジョーン・ベネット
Walter_Wanger-4

Walter_Wanger-5
 発砲事件の前、1948年度のアカデミー賞において、ウェンジャーに名誉賞が贈呈される運びとなったが、自身が製作したイングリッド・バーグマン主演の『ジャンヌ・ダーク』が作品賞のノミネートから漏れたことに憤慨したウェンジャーが名誉賞の受賞を拒否。賞の贈呈が取り止めになったとの逸話も残している。
 
(左の写真)ウォルター・ウェンジャー、ジョーン・ベネット

 出所後も、SF映画の傑作『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』(1956年/監督:ドン・シーゲル)、専属契約をしていたスーザン・ヘイワードにオスカーをもたらした『私は死にたくない』(1958年)、エリザベス・テイラー主演の大作史劇『クレオパトラ』(1963年)等を製作した。
 尚、ウェンジャーとベネットは1965年に離婚した。
 
(右の写真)ウォルター・ウェンジャー、ジョーン・ベネット
Walter_Wanger-6


1952年
チャップリン アメリカを追われる


詳細はこちら


1953年
政界も巻き込む一大スキャンダルとなった若き女優の謎の死 (イタリア)

 1953年4月11日、ローマからもほど近いトルヴァイアニカの浜辺で、駆け出しの女優ウィルマ・モンテシ(21歳)の死体が発見された。
 当初、警察は自殺と発表したが、彼女は婚約中であり、自殺を仄めかすような言動は全く無かったため、不審に思ったマスコミが騒ぎ始めた。
 やがて、彼女が破廉恥な(一説にはドラッグ&セックス)パーティーに参加していた疑惑が浮上。そのパーティーの主催者は作曲家のピエロ・ピッチオーニだった。
 * ピエロ・ピッチオーニ … ルキノ・ヴィスコンティベルナルド・ベルトルッチ等の映画音楽を手掛けた。 (右の写真)ウィルマ・モンテシ
Wilma_Montesi

Alida_Valli  ピエロ・ピッチオーニがウィルマ・モンテシの死に関わっているのではないか?との騒動に発展し、彼の当時の恋人アリダ・ヴァリが、ピエロ・ピッチオーニのアリバイを証言するハメに。スキャンダルに巻き込まれたアリダ・ヴァリは、2年近く女優としての活動が出来なくなってしまった。
 (左の写真)アリダ・ヴァリ

 
スキャンダルは更に拡大。当時、外相を務めていたピエロ・ピッチオーニの父親が破廉恥なパーティーに参加していたことが発覚し、時の首相マリオ・シェルバ辞任に追い込まれた。

 イタリア中を騒がし、首相の辞任にまで発展した一大スキャンダルだったが、ウィルマ・モンテシの死因は解明されないまま迷宮入り。未解決事件のままとなっている。

 この事件で明るみに出た上流階級のふしだらな生活や、スキャンダルに狂騒するマスコミの姿は、フェデリコ・フェリーニ監督に『甘い生活』(1960年)を撮るインスピレーションを与えた。同作のラスト、浜辺に横たわる死んだ魚の姿は、当時の多くのイタリア人にウィルマ・モンテシの事を思い出させたという。同作からは‟パパラッチ”という言葉も生まれた。
 (右の写真)『甘い生活』 マルチェロ・マストロヤンニと魚の死体
La_dolce_vita


1953年
映倫マークなしで公開された『月蒼くして』 (アメリカ)

 ブロードウェイで大ヒットしたロマンチック・コメディ劇の映画化作品『月蒼くして』(監督:オットー・プレミンジャーが、MPAA(アメリカ製作者協会)から、映画製作倫理規定に抵触するため不承認とされた。婚前交渉を容認し、処女、妊娠、愛人といった言葉が何度も出てくるところが問題とされた。
 (右の写真)『月蒼くして』 ウィリアム・ホールデン、マギー・マクナマラ
The_Moon_Is_Blue-2

The_Moon_Is_Blue-3
 不承認の決定に不服な製作サイドは、MPAAから脱退し、映倫マークなしで公開する手段に打って出た。まずは、シカゴにおいて「成人指定」で公開。その後、地域を拡大し、最終的には全米各地で一般公開された。
 (左の写真)『月蒼くして』 デヴィッド・ニーヴンマギー・マクナマラ

 公開禁止とする都市もあったが、作品は大ヒットし、時代にそぐわなくなっていた映倫規定が改定されるきっかけとなった。
 (右の写真)『月蒼くして』 左から、ウィリアム・ホールデン、マギー・マクナマラ、デヴィッド・ニーヴン
The_Moon_Is_Blue

MPAA  1953年度のアカデミー賞で、『月蒼くして』は主演女優賞など3部門でノミネートされたが、アカデミー協会はMPAAの顔を立てることも忘れなかった。長年、MPAAの代表を務め、『月蒼くして』 の公開後に退任していたジョゼフ・ブーリンに名誉賞が贈呈された。受賞の理由は、「映倫規定を良心的に、かつ大胆に運用した」だった。
 (左の画像) MPAAの映倫マーク


< 前ページ >  < 次ページ >

HOME