20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

映画界 事件&スキャンダルの歴史

Scandalbar

< 4ページ目 >

1925年
ハリウッドの女王の堕胎スキャンダル (アメリカ)

 新作『ありし日のナポレオン』の撮影でフランスへ渡ったグロリア・スワンソが、通訳を務めたド・ラ・ファレーズ侯爵に求婚され3度目の結婚をした。ところが、結婚式の翌日に、病院でお腹の子(誰の子だっ たんだろう?)を堕ろしていたことが発覚。一大スキャンダルとなった。

 しかし、フランス人貴族と結婚し、侯爵夫人となって帰国したスワンソンは、アメリカの大衆から熱 狂的な歓迎を受けたという。
 (右の写真)グロリア・スワンソンとド・ラ・ファレーズ侯爵

 後年、スワンソンは大物政治家のジョセフ・P・ケネディと不倫の関係にもなった。さすがはハリウッドの初代女王?
 * ジョセフ・P・ケネディ … 第35代大統領ジョン・F・ケネディの父親
Swanson1925


1925年
元祖喜劇王が自殺 (フランス)

Max Linder  フランスの喜劇役者マックス・ランデー(1883-1925)
  1905年に銀幕デビュー。母国フランスで活躍したのち、ハリウッドでも活躍。最初の国際スターと言われており、チャップリンが登場するまでは人気No.1のコメディアン、元祖喜劇王だった。
 (左の写真)マックス・ランデー

 第1次世界大戦中に召集され、従軍。戦後、銀幕復帰したが、チャップリンなど若手の台頭で人気が凋落し、失意のなかフランスへ帰国した。
 41歳の時に、妻を道連れに睡眠薬を大量摂取して自殺。従軍中に躁鬱病を患っていたとも言われている。

 チャップリンの山高帽にステッキのスタイルは、ランデーのスタイルを浮浪者風にアレンジしたものとも言われている。

 ランデーの訃報を聞いたチャップリンは、その日は撮影所を閉め、喪に服したという。
 (右の写真)チャップリン(左)とマックス・ランデー
Chaplin&Max Linder


1930年
マネージャーに私生活を暴露された人気女優 (アメリカ)

Clara_Bow-2
 1920年代に‟ハリウッドのセックス・シンボル”と謳われ、一世を風靡した‟イット・ガール”ことクララ・ボウ

 クララのマネージャーが彼女のお金を横領して逮捕された。
 このマネージャー、余程お金に窮していたのか、クララの私生活なるものをタブロイド紙に売りつけてもいた。その記事によると、クララは大変な男好きで、その男性遍歴は相当なものだったという。
 もともと、大酒飲みのギャンブル狂としてゴシップが取り沙汰されていたクララ・ボウ。赤裸々な私生活が暴露されたことは決定的なイメージ・ダウンとなり、3年後、まだ28歳という若さで引退へと追い込まれてしまった。
 (右の写真)『女給と強盗』(1931年)
Clara_Bow

< 前ページ  >  < 次ページ >

HOME