20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

映画界 事件&スキャンダルの歴史

Scandalbar

< 5ページ目 >

1932年  新婚2ヶ月で自殺? 人気女優の夫 (アメリカ)
 大富豪ハワード・ヒューズが製作した超大作 『地獄の天使』 (1930年) のヒロインに抜擢され、一躍人気女優となった ‟プラチナ・ブロンド” ジーン・ハーロー

 ハーローの再婚相手である映画製作者のポール・バーンが、結婚して僅か2ヶ月後に、自宅の浴室でピストル自殺?をした。
  (右の写真) ポール・バーンとジーン・ハーロー

 「昨夜のことは、ほんの冗談だよ 」 。死体のそばには、遺書のようなメモが置かれてあった。
 ポール・バーンは性的不能者で、ハーローに異常な性行為を強要し、 その自責の念で自殺をした、というのが定説となっていた。
Bern-Harlow

 ところが、MGM社でバーンの同僚だったサミュエル・マルクスが、1990年に真相なるものを発表した。
Dorothy_Millette  マルクスによると、バーンは元妻 (内縁) であるドロシー・ミレットに殺害されたのだという。(左の写真) ドロシー・ミレット
 ミレットは、バーンが亡くなる数日前まで精神病施設に入っており、2日後に入水自殺をしている。

 バーンが死んだ日、マルクスは警察よりも先に現場に駆けつけており、同行したアービング・G・タルバーグが、「昨夜のことは、ほんの冗談だよ 」 とのメモをバーンの死体のそばに置くのを目撃したとも主張している。メモは遺
書ではなく、単なる夫婦喧嘩を詫びるメッセージ・カードだったという。

 自社のドル箱スターをスキャンダルから守るための工作だったというが、これが真相ならば、新婚2ヶ月の幸福の真っ最中に殺害された上に、インポを苦に自殺したとねつ造されたバーンは浮かばれない。

 だが、殺人の証拠隠滅とも言えるリスクを冒した工作により、スキャンダルの度合いが小さくなったとも思えず、マルクス説にも不自然さが残る。
 ハーローは16歳の時に駆け落ちし、最初の結婚 をしている
。そんな女性が性的不能者と再婚するのか?。ポール・バーン性的不能者説にも不自然さがある。
  (右の写真) ポール・バーンとジーン・ハーロー
Bern Harlow-2
 ジーン・ハーローは5年後、26歳の若さで亡くなった。この時も、バーンに腹を蹴られた時の傷が悪化したのが死因だの、クリスチャン・サイエンスの信者だった母親の信仰心が死に至らしめただの、色々と騒がれた。

1932年 ハリウッドサインから投身自殺した女優 (アメリカ)
 カリフォルニア州ロサンゼルスのサンタモニカ丘陵リー山の一角にある 「HOLLYWOOD」 サイン。
 その ‛H' の文字の上から、イギリス出身のある女優が投身自殺をした。 

 女優の名はペグ・エントウィスル (1908-1932)。若干24歳であった。
 幼い頃に母親を亡くし、8歳の時に家族でアメリカへ移住。その後、継母、父親も亡くなり、叔父に引き取られた。その叔父が舞台俳優のマネージャーをしていたことがきっかけで、17歳の時に舞台女優としてデビューした。
 彼女と同年生れの大女優ベティ・デイビスは、デビュー前にペグの舞台を観て、彼女のようになりたいと思ったそうだ。
   (右の写真) ペグ・エントウィスル
Peg Entwistle
 彼女の遺書には次のように書かれていた。
   「私は怖い、私は臆病者です。 すべての事にお詫びします。 私がもっと前にこうしていたならば、
   多くの痛みを感じること
はなかったでしょう

 ペグ・エントウィスルが出演した映画は、『Thirteen Women (1932年/主演:マーナ・ロイの1作のみ。彼女の死後に公開されている。
HolluwoodlandHollywood Sign
           * 「HOLLYWOOD」 サイン。1923年に建設。1949年に修復された際に、「LAND」 の文字が消された。

 2010年、SNS 「Facebook」 で募金活動が行われ、彼女の墓碑が建設された。

< 前ページ  >  < 次ページ >

HOME