20世紀・シネマ・パラダイス

Megaphonebar
Frank Borzage

フランク・ボーゼージ

Frank Borzage

1893-1962 (アメリカ)

Megaphonrbar


   代表作

Humoresque Seventh_Heaven
ユーモレスク
Humoresque
(1920年/アメリカ)
第七天国
7th Heaven
 (1927年/アメリカ)
Bad_Girl A Farewell to Arms-3
バッド・ガール
Bad Girl
 (1931年/アメリカ)
戦場よさらば
A Farewell to Arms
 (1932年/アメリカ)
Desire History is made at Night
真珠の頸飾
Desire
(1936年/アメリカ)
歴史は夜作られる
History is Made at Night
(1937年/アメリカ) 


     第1回アカデミー賞監督賞を受賞

 ・1893年、ユタ州生れ。13歳の時に地方巡業の劇団に入り、19歳の時からエキストラで映画に出演。映画製作者・監督のトーマス・H・インスのもとで働くようになり、『神々の怒り(火の海)』、『タイフーン (台風)』(1914年)では、早川雪洲や雪洲の妻となる青木鶴子とも共演した。
 (右の写真)『神々の怒り(火の海)』 青木鶴子と
The Wrath of the Gods

 ・自ら主役も務めた『The Pitch o' Chance(1915年)で監督デビュー。監督業に専念するようになった1918年頃までは、俳優としても100本近くの映画に出演した。

Humoresque-2  ・母子ものの『ユーモレスク』(1920年)が、当時の人気雑誌「Photoplay」誌の読者投票で第1回作品賞を受賞するなど高い評価を得て、名監督の仲間入りを果たした。
 (左の写真)『ユーモレスク』

 ・『第七天国』(1927年)で第1回アカデミー賞の監督賞を受賞。前述の「Photoplay」誌の作品賞も受賞した。
 (右の写真)『第七天国』
 主演のジャネット・ゲイナー

Borzage-Gaynor
Seventh Heaven-2
 ・『第七天国』のジャネット・ゲイナー、チャールズ・ファレルとは、『街の天使』(1928年)、『幸運の星』(1929年)でもトリオを組み、2人を人気コンビに仕立て上げた。
 (左の写真)『第七天国』撮影時。
 ジャネット・ゲイナー、チャールズ・ファレル
(左)と

 ・トーキーの時代に入ってからも活躍は続き、『バッド・ガール』(1931年)で2度目のアカデミー賞監督賞を受賞。
 (右の写真)『バッド・ガール』
 サリー・アイラース、ジェームズ・ダン
Bad_Girl-2

A Farewell to Arms-2  ・アカデミー賞作品賞にノミネートされた『戦場よさらば』(1932年)メアリー・ピックフォードの引退作品『秘密』(1933年)等を監督。
 (左の写真)『戦場よさらば』 撮影時
 ゲーリー・クーパー
中央)、ヘレン・ヘイズと

Secrets
Desire
『秘密』撮影時
メアリー・ピックフォード、レスリー・ハワード(中央)と

『真珠の頸飾』撮影時
マレーネ・ディートリッヒ、ゲーリー・クーパー(右)と


 ・1940年代以降は今一つ精彩を欠いたが、『聖なる漁夫』(1959年)まで、100本以上を監督した。
 (右の写真)『歴史は夜作られる』(1937年)撮影時
 シャルル・ボワイエ
(左)、ジーン・アーサー

 ・1962年69歳で他界。
History is made at Night-2
 

HOME