20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

映画界 事件&スキャンダルの歴史

Scandalbar

< 3ページ目 >

1923年
 美男スターが薬物中毒で急死 (アメリカ)
 淀川長治さんによると、ハリウッドの美男スターの第1号は、日本人の早川雪洲。その次に登場したのが ウォーレス・リード (1891-1923)。そして、3番手がルドルフ・ヴァレンチノ

 ウォーレス・リードが、31歳の時に薬物中毒で急死した。
  (右の写真) ウォーレス・リード
 前々年、ロスコー・アーバックルのスキャンダルが起きて以来、ハリウッドに向けられる世間の目は厳しさを増していた。 
 更なる醜聞を恐れた関係者たちは、ウォーレス・リードの死を美談にしようと躍起になったという。

 リードは、『巨人の谷』 (1919年)の撮影中に列車事故で負傷し、痛み止めと
Wallace Read
してモルヒネを使用。その結果、モルヒネ中毒になってしまったが、最後まで中毒と勇敢に闘った、とのコメントが発表された。果たして真相は…?

1924年
 チャップリンの銀幕のパートナー エドナ・パーヴィアンス宅で発砲事件 (アメリカ)
 1924年1月1日、エドナ・パーヴィアンスの自宅で開かれていたニュー・イヤー・パーティーにおいて、彼女の当時の恋人が拳銃で撃たれるという事件が発生した。幸い、一命は取り留めた。
  (右の写真) 『チャップリンの霊泉』 (1917年) チャップリン
   エドナ・パーヴィアンス。

Chaplin&Edna
Chaplin&Normand  発砲した男は、女優メーベル・ノーマンドのお抱え運転手。ノーマンドは、ウィリアム・デズモンド・テイラー監督殺人事件の際に、ドラッグ中毒であることが暴露され、今度は運転手が発砲事件。
 女優としてのキャリアはほとんど絶たれてしまい、1930年、結核により37歳の若さで他界した。
 (左の写真) 『夫婦交換騒動』 (1914年) メーベル・ノーマンドとチャップリン

1924年
 新聞王ハーストが愛人の浮気相手を射殺? (アメリカ)
 ハリウッド創生期の大監督・製作者 トーマス・H・インス (1882-1924)
 日本人俳優の早川雪洲を映画デビューさせ、D・W・グリフィス監督マック・セネットと共同で、トライアングル映画会社を設立 (1915年)した人物。
  (右の写真) トーマス・H・インス

 トーマス・Hインスが、新聞王ハースト主催の船上パーティーに出席している時に体調を崩し、数日後に42歳の若さで亡くなった。
 すると、
次のような話がハリウッド中にまことしやかに拡がっていった。
Thomas H. Ince
Swanson-Chaplin-Marion 「インスはハーストの愛人マリオン・デイヴィスとの浮気現場を目撃され、ハーストに撃たれたらしい…」。
 「いや、浮気相手はチャップリンで、インスは巻き添えになったらしい…」。
 「ハーストは事件をモミ消すために莫大な金をバラ撒いたらしい…」。
 などなど。 
  (左の写真) 思わぬところから火の粉が飛んできたチャップリン(中央)、ハーストの
   愛人女優マリオン・デイヴィス(右)、グロリア・スワンソン(左)
 インスの死因は心臓発作であった。ではなぜ、このような流言飛語が飛び交ったのか?

 この怪情報は、日頃からハーストの強引さに腹を立てていたインスのマネージャーが流し、同じくハーストへの鬱憤が溜まって いたハリウッドの関係者たちがそれに便乗したのだった。
 
 このインスのマネージャー、この時の手腕が見込まれたのか?。後にワーナー・ブラザーズ社の宣伝部長となられたとか。

< 前ページ >  < 次ページ >

HOME