20世紀・シネマ・パラダ イス

startbar
Marlon_Brando-2

マーロン・ブランド

Marlon Brando

 
1924-2004 (アメリカ)

 

starbar

< 2ページ目 >
  
 ・デビュー以来、作品を厳選し、短期契約しか交わさない姿勢を貫いていたが、トラブル・メーカーとのレッテルを貼られ、俳優としての評価も後退。
 ユニヴァーサル社と5作品に出演する契約を交わし、チャップリン監督の 『伯爵夫人』 (1967年) 等に出演したが、いずれの作品も成功を収めることが出来ず、キャリアの停滞が続いた。
 (右の写真) 『伯爵夫人』 ソフィア・ローレンと
A_Countess_from_Hong_Kong
 * 他の4作品 … 『侵略』 (1963年)、『寝室ものがたり』 (1964年)、『シェラマドレの決斗』 (1966年)、『私は誘惑されたい』 (1968年)
 
Reflections_in_a_Golden_Eye
Candy
『禁じられた情事の森』 (1967年/監督:ジョン・ヒューストン
エリザベス・テイラー

『キャンディ』 (1968年) エヴァ・オーリンと

 ・人種差別の撤廃を訴え、キング牧師が有名な演説 「I Have a Dream 〜 私には夢がある 」 をしたワシントン大行進 (1963年) にも参加した。
Burn
 キング牧師が暗殺 (1968年) されと、オファーを受けていた他の作品への出演を見合わせ、『ケマダの戦い』 (1969年/伊・仏/監督:ジロ・ポンテコルヴォ) に出演。19世紀、ポルトガル領のケマダ島(架空の島) へ赴き、黒人奴隷たちによる革命を成就させるイギリス人を演じた。本人曰く 「最高の演技をした 」作品だが、興行的には失敗作となった。
  (左の写真) 『ケマダの戦い』
 * 『アレンジメント/愛の旋律』 (1969年/監督:エリア・カザン)、『明日に向かって撃て!』 (1969年/監督:ジョージ・ロイ・ヒル)、『ライアンの娘』 (1970年/監督:デヴィッド・リーン) の出演を見合わせたと言われている。

 ・『ゴッドファーザー』 (1972年/監督:フランシス・フォード・コッポラ) が記録的な大ヒット。ブランドは、『片目のジャック』 (1961年) で苦い思いをしたパラマウント社から、屈辱的な条件を提示された上での出演だったが、マフィアのドンを演じて圧倒的な存在感を発揮。キャリアの復活を遂げ、最高の俳優との名声を不動のものとした。
 (右の写真) 『ゴッドファーザー』
The_Godfather-2

 ・『ゴッドファーザー』 で、自身2度目となるアカデミー賞主演男優賞に選出されるも、ハリウッドにおける先住民族に対する人種差別への抗議として受賞を拒否。物議をかもした。

Last_Tango_in_Paris-2
 ・『ラストタンゴ・イン・パリ』 (1972年/監督:ベルナルド・ベルトリッチ) は、過激な性愛描写により、世界各国でセンセーションを巻き起こした。イタリアでは公開4日で上映禁止となり、製作者、監督、主演のブランドとマリア・シュナイダーの4人は、猥褻罪で有罪となった。
 過酷な撮影だったようで、ブランドは、「こんな映画は2度とごめんだ 」 と語ったという。 (左の写真) 『ラストタンゴ・イン・パリ』 マリア・シュナイダーと
 アメリカでは、一部カットされた修正版が73年に上映され、ブランドはアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

 ・『ゴッドファーザー PART U』 (1974年) への出演を見合わせ、ジャック・ニコルソンと共演した 『ミズーリ・ブレイク』 (1976年) で、4年ぶりに銀幕復帰。

 ・大ヒット作 『スーパーマン』 (1978年) で は、ブランドの要望により、彼の衣装にも、胸に ‟S” のマークが付けられた。
 冒頭の僅か20分弱の出演、ブランドにとっては朝飯前のような役柄にも関わらず、370万ドル+インセンティブ のギャラを獲得。世界一ギャラの高い俳優としてギネスブックに載った。
 (右の写真) 『スーパーマン』 スザンナ・ヨークと
Superman
 いつの頃からか、台詞を覚えない演技スタイルとなったが、同作の撮影時には、赤ん坊のオムツにも台詞が書かれてあったという。

Apocalypse_Now-2
 ・『地獄の黙示録』 (1979年/監督:フランシス・フォード・コッポラ) で は、役作りでコッポラ監督と衝突しながらも、狂気の世界に陥った軍人を怪演。
 客を呼べるスター、演技の巧い俳優は数多くいるが、ブランドほど映画に箔をつけることの出来 る俳優はいなかった。
 (左の写真) 『地獄の黙示録』

 ・アカデミー賞の受賞を拒否した元祖の俳優ジョージ・C・スコットと共演した 『ジェネシスを追え』 (1980年/監督:ジョン・G・アヴィルドセン) に出演後、引退を表明した。
 『スーパーマン』 に出演した際、続編 『スーパーマン U』 (1981年) の撮影も済んでいたが、ブランドが、前作のインセンティブが適正に支払われていないと訴えた上に、続編でも同じ条件でギャラを支払うことを要求したため、製作サイドが彼の出演シーンの使用を断念した。

 ・『白く渇いた季節』 (1989年) で、 9年ぶりに銀幕復帰。メジャー会社では初の黒人女性監督となったユーザン・パルシーの作品。
 アパルトヘイトを題材にした作品の趣旨に共感したブランドは、僅か4,000ドルのギャラで人権派の弁護士を演じ、アカデミー賞助 演男優賞にノミネート。
演技が衰えていないことを証した。
 (右の写真) 『白く渇いた季節』
A_Dry_White_Season

The_Score
 ・その後、『ゴッドファーザー』 のドン・ヴィトー・コルレオーネを彷彿させる役を演じたコメディ 『ドン・サバティーニ』 (1990年) 、『ドンファン』 (1995年) で共演したジョニー・デップの初監督作品 『ブレイブ』 (1997年) 等に出演。『ゴッドファーザー PART U』 (1974年) で、若き日のヴィトー・コルレオーネを演じたロバート・デ・ニーロと共演した 『スコア』 (2001年)が最後の劇場用映画となった。 (左の写真) 『スコア』 ロバート・デ・ニーロ(右)と

 ・次男のミコが、マイケル・ジャクソンのボディガードだったことがきっかけで、マイケルと親交を深め、ミュージック・ビデオ 「You Rock My World(2001年) にも出演した。次男のミコも出演している。
 (右の写真) 「You Rock My World 」 撮影時。マイケル・ジャクソンと
You_Rock_My_World

Big_Bug_Man
 ・亡くなる1ヶ月前に、アニメ映画 『Big Bug Man 』 のキャラクター、サワー夫人の声をアフレコしたのが最後の仕事となった。
 ブランドは車椅子に座り、酸素呼吸器が必要な体だったが、キャラクターそっくりの金髪のカツラや手袋を着けて録音に臨み、「こんなに楽しいのは、 『ジュリアス・シーザー』 の時以来だ…」 と語っていたという。
 (左の写真) 『Big Bug Man 』 のサワー夫人
 作品は2006年に公開予定だったが、残念ながらお蔵入りとなり、未公開のままである (2018年現在)

 ・1994年に、自伝 「母が教えてくれた歌」 を出版したが、私生活については謎が多い。前述の通り、3度結婚し、5人の子供を授かったが、2人目の妻との間の長女が生まれたのは離婚の4年後である。
 更に、家政婦との間で3人の子供を授かったほか、養子が3人。合計11人の子供がいたことが確認されているが、その他にもいるとの説もある。
 1990年には、次女タリタ・シャイアンの恋人が、長男のクリスチャンに射殺されるという事件が発生。5年後にシャイアンが自殺するという不幸に見舞われた。

 ・2004年80歳で他界。肺呼吸による延命措置を拒否した上での最期だったという。

 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会)が選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、男優部門の第4位に選出。
 TIME誌が発表した 「20世紀で最も影響力のある100人」 にも選出されるなど、‟世界で最も称賛された俳優 ” (ブリタニカ百科事典) 。
 (右の写真) 1954年度のアカデミー賞授賞式にて。
Marlon_Brando_Oscar

 ・2015年、ブランドが録音していたテープやホームビデオをもとに製作されたドキュメンタリー 『Listen to Me Marlon 〜 マーロン・ブランドの肉声 』 が公開された。

Marlon_Brando-3
Marlon_Brando-4

< 前ページ >  < マーロン・ブランド写真館 >

HOME