20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

映画界 事件&スキャンダルの歴史

Scandalbar

< 7ページ目 >

1938年
 アカデミー賞授賞式に出没した謎の代理人 (アメリカ)
 第10回 (1937年度) アカデミー賞 。助演女優賞は、『シカゴ』 で主演のタイロン・パワーの母親役を演じたアリス・ブラディが受賞した。
 彼女は足を怪我しており授賞式を欠席。そのため、オスカー盾 (当時の助演賞は像ではなく盾だった) は彼女の代理人に手渡された。
 ところが、この代理人は全くのニセ者。祝金泥棒ならぬオスカー泥棒であった。その後、この謎の代理人とオスカー盾は行方不明のままである。
  (右の写真) アリス・ブラディ 
 多くの一流映画人が集う授賞式で代理人になりすました演技は、まさにオスカーものだった?
Alice_Brady
 尚、アリス・ブラディには、後日、アカデミー協会が新たに用意したオスカー盾が贈呈された。
Alice_Brady-2
Oscar
オスカーを手渡されるアリス・ブラディ
当時のオスカー盾
 アリス・ブラディは父親が有名な演劇プロデューサー。ハンフリー・ボガートが、ブラディ家の隣人であったことが縁で役者となったことでも知られている。

1940年
 「ロサンゼルス・タイムズ紙」 のフライング (アメリカ)
 第12回 (1939年度)アカデミー賞授賞式。当時は、受賞結果を翌日の朝刊に載せるため、「授賞式が終わるまで公表をしない 」 との協定を結んで、マスコミ各社には事前に選考結果が知らされていた。
 ところが、「ロサンゼルス・タイムズ紙」 が当日の夕刊で、『風と共に去りぬ』 の作品賞受賞を報道。授賞式会場で発表される前に結果が明らかになってしまった。
   (右の写真) 『風と共に去りぬ』 で主演女優賞を受賞したヴィヴィアン・リー

 
翌年から、選考結果は密封され、プレンゼンターが開封するまでは一切外部に伝えない、という現在もお馴染みの方法に変更された。
Vivien Leigh
 尚、選考結果の入った封筒は、授賞式当日までアカデミー協会と契約をしている会計事務所が保管している。

1942年
 「スクリューボール・コメディの女王」 キャロル・ロンバードが飛行機事故死 (アメリカ)
 キャロル・ロンバードのページをご参照下さい)

1942年  剣劇アクション・スターが法定強姦で起訴される (アメリカ)
 『海賊ブラッド』 (1935年)、『ロビンフッドの冒険』 (1938年) などの大ヒット作で、剣劇アクション・ヒーローとして一時代を築いたエロール・フリン (1909-1959)
 
『風と共に去りぬ』 (1939年) の映画化の際には、ワーナー・ブラザーズ社がレット・バトラー役として推薦するなど、同社の看板スターであったフリンだが、私生活では度々問題を起こしていた。
  (右の写真) エロール・フリン
Errol Flynn
 彼のご自慢のヨットの中でレイプされたと2人の少女から提訴されたこともあった。
Captain Blood  裁判の結果、無罪を勝ち取ったが、「In Like Flynn 」 = 「フリンのように上手くやる 」 というスラングも生まれた。
 このヨットは、オーソン・ウェルズ監督の 『上海から来た女』 (1947年) の撮影で使用され、フリンも船員役で特別出演している。
  (左の写真)
『海賊ブラッド』 オリヴィア・デ・ハヴィランド
 多くの女優と浮名を流し、大の酒好きでもあった。
 『自由の大地』 (1958年)の撮影時には酒で問題を起こし、監督のジョン・ヒューストンにノック・アウトされた、とのエピソードも。
 晩年はアルコール依存症となり、1959年、50歳の時に心臓発作で亡くなった。酒を飲んでのドンチャン騒ぎの後だったという。  (右の写真) 『ロビンフッドの冒険』 オリヴィア・デ・ハヴィランドと
The Addentures of Robin Hood

< 前ページ >  < 次ページ >

HOME