20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

伝説の映画製作者たち

Scandalbar


   ドタバタ喜劇の生みの親 マック・セネットとハル・ローチ


Mack_Sennett
 マック・セネット Mack Sennett 1880−1960年 (カナダ/アメリカ)

 ・俳優として映画界に入り、やがて監督を務めるようになった。

 ・1912年、キーストン・ピクチャーズ・スタジオを設立。
 「小さな浮浪者」チャールズ・チャップリン、「でぶ君」ロスコー・アーバックル、「ハネ子」メーベル・ノーマンドマリー・ドレスラーといった多くの人気コメディアンを輩出した。

 ・「キーストン・コップス」という警官隊が繰り広げるドタバタ喜劇(スラップスティック・コメディ)も人気を博した。
 また、ドタバタ喜劇の合間に登場する「水着美人(Bathing Beauties)」も人気を博し、後の大女優グロリア・スワンソンキャロル・ロンバードらを輩出した。
 (右の写真)「キーストン・コップス」
Keystone-cops

Mack_Sennett-2
 ・1915年、D・W・グリフィストーマス・H・インスと一緒にトライアングル・フィルム・コーポレーションを設立。キーストン社はトライアングル社の傘下となった。
  (左の写真)左から、トーマス・H・インス、チャールズ・チャップリン、マック・セネット、D・W・グリフィス

 ・1917年、マック・セネット・コメディーズ社を設立。
 キーストン社時代のような隆盛を誇ることはなかったが、1935年まで短編のドタバタ喜劇を製作し続けた。
 (右の写真)バスター・キートン(右)と。2人の唯一のコラボ作品『内気な青年』(1935年/エデュケーショナル社)の撮影時。
The_Timid_Young_Man

with_Mabel_Normand
with_Gloria_Swanson
メーベル・ノーマンドと
グロリア・スワンソンと

Mack_Sennett_Oscar  ・ドタバタ喜劇を生み出し、創生期のハリウッドにおいて映画産業興隆の一翼を担った功績により、第10回(1937年度)アカデミー賞で名誉賞を受賞した。 
 (左の写真)左から、W・C・フィールズ(コメディアン)、マック・セネット、フランク・キャプラ(当時のアカデミー協会会長)。フランク・キャプラも若い時にマック・セネット・コメディーズ社でギャク・ライターをしていた。


bar


 マック・セネットに追いつけ追い越せと頭角を現したのがハル・ローチ。

Hal_Roach
 ハル・ローチ Hal Roach 1892-1992年 (アメリカ)

 ・エジソン社でエキストラをしている時にハロルド・ロイドと出会い、意気投合。ハル・ローチ社を設立し、ロイドの主演映画を製作・監督。ロイドをチャップリンキートンに次ぐ人気コメディアンに仕立て上げた。
 その他、「ちびっ子ギャング(Our Gang )」シリーズや、「極楽コンビ」ローレル&ハーディの作品等をプロデュースした。

Look_Out_Below-1919
Lloyd_&_Roach
撮影時のハル・ローチ(左)
ハロルド・ロイド(右から2番目)

ハロルド・ロイド (左)と

 ・第56回アカデミー賞(1983年)において名誉賞を受賞。ハル・ローチ作品で子役としてデビューしたジャッキー・クーパーがプレゼンターを務めた。
Laurel_and_Hardy Laurel_and_Hardy-2
オリバー・ハーディ (左)、スタン・ローレル(中央)と 左から、オリバー・ハーディ、セルマ・トッド
ハル・ローチ、スタン・ローレル



HOME