20世紀・シ ネマ・パラダイス

エリザベス・テイラー 写真館

デビュー時(1942年/10歳)
『緑園の天使』 (1944年)
『若草物語』 (1949年)
Elizabeth_Taylor_1942
National_Velvet_1944
Little_Women_1949

『花嫁の父』 (1950年)
『陽のあたる場所』 (1951年)
『ジャイアンツ』 (1956年)
Father_of_the_Bride_1950
A_Place_in_the_Sun_1951
Giant_1956

『愛情の花咲く樹』 (1957年)
『熱いトタン屋根の猫』 (1958年)
『去年の夏、突然に』 (1959年)
Raintree_County_1957
Cat_on_a_Hot_Tin_Roof_1958
Suddenly,_Last_Summer_1959

                                     『クレオパトラ』 (1963年)
Cleopatra_1963
Cleopatra_1963-2
Cleopatra_1963-3

『バージニア・ウルフなんかこわくない』 (1966年)
『別離』 (1973年)
Who's_Afraid_of_Virginia_Woolf_1966
Ash_Wednesday_1973

                                 『陽のあたる場所』 (1951年) 撮影時
A_Place_in_the_Sun_1951-2
A_Place_in_the_Sun_1951-3
モンゴメリー・クリフト
モンゴメリー・クリフトと

                                  『ジャイアンツ』 (1956年) 撮影時
Giant_1956-2
Giant_1956-3
ロック・ハドソン
ジェームズ・ディーン

                                                         『愛情の花咲く樹』 (1957年) 撮影時
Raintree_County_1957-2
Raintree_County_1957-3
モンゴメリー・クリフトと
モンゴメリー・クリフトと

『熱いトタン屋根の猫』 (1958年) 撮影時
『クレオパトラ』 (1963年) 撮影時
Cat_on_a_Hot_Tin_Roof_1958-2
Cleopatra_1963-4
ポール・ニューマン
リチャード・バートン

                         『バターフィールド8』 (1960年) でアカデミー賞主演女優賞を受賞
Elizabeth_Taylor_Oscar_1960 Elizabeth_Taylor_Oscar_1960-2

当時の夫エディ・フィッシャーと

『バージニア・ウルフなんかこわくない』(1966年) で
2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞

1969年度のアカデミー賞授賞式。バートンから贈られた100万ドル
(当時)のダイヤモンドを首からかけ、
プレゼンターとして登場。
Elizabeth_Taylor_Oscar_1966 Elizabeth_Taylor_1970

3番目の夫マイク・トッド (1958年没/48歳)、ジェームズ・ディーン (1955年没/24歳)、モンゴメリー・クリフト(1966年没/45歳)、
マイケル・ジャクソン(2009年没/50歳)等、親しかった者たちが若くして亡くなった。
(右の写真)
左から、ケーリー・グラント、マイケル・ジャクソン、
エリザベス・テイラー、グレゴリー・ペック
Jackson_Taylor
Taylor_Queen
ロック・ハドソンの死を契機に、エイズ撲滅運動にも尽力。
エイズ撲滅のチャリティー・コンサートとして開催されたQUEENのフレディー・マーキュリー追悼コンサート(1992年)にも登場。エイズ予防の重要性を訴えた。
(左の写真)
QUEENのブライアン・メイ(左)、ロジャー・テイラー(右)と
遺品のオークションの売上金額の一部も、彼女が設立したエイズ基金に寄付された。
(右の写真)
オークションの目玉の1つ、880万ドル(約7億400万円) で落札されたダイヤの指輪をはめ、贈り主であるリチャード・バートンと

Taylor_Burton

HOME