20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

映画界 事件&スキャンダルの歴史

Scandalbar

< 2ページ目 >

1921年
 人気コメディアンの 「でぶ君」 が強姦殺人容疑で逮捕 (アメリカ)
 人気コメディアンの 「でぶ君」 こと ロスコー・‟ファッティ”・アーバックル (1887-1933) が、強姦殺人容疑で逮捕された。

 ホテルの続き部屋を借り切ってパーティーをしていた時、女優のヴァージニア・ラッペが悲鳴とともに倒れ、3日後に亡くなった。死因は膀胱破裂とされた。
 彼女が倒れた時に一緒にいたのがロスコー・アーバックル。強姦殺人容疑で逮捕・起訴された。 (右の写真) ロスコー・アーバックル

  
このニュースは全米中を震撼させる一大スキャンダルとなった。何しろ、アーバックルの記事が載った新聞は飛ぶように売れたという。マスコミは、あ
Roscoe Arbuckle
Virginia_Rappe
ることないことを面白おかしく、そして卑猥に書きたてた。

 ラッペの恋人で、アーバックルの主演作や、チャップリンのデビュー作等を撮った映画監督ヘンリー・レアマンをはじめ、アーバックルがラッペを強姦・殺害したことを信じて疑わないと証言する者もいた。
  (左の写真) ヴァージニア・ラッペ

 裁判の結果、証拠不十分によりアーバックルは晴れて無罪放免となった。
 しかし、スキャンダルにまみれたアーバックルには、映画界での居場所がなくなっていた。
 アーバックルはチャップリンとほぼ同時期に、同じキーストン社からデビューし、共演もしている。
 当時はチャップリンと肩を並べるほどの人気者であったという。
  (右の写真) 『両夫婦』 (1914年) チャップリン(右)と

 また、キートンを映画界入りさせたのはアーバックルであり、キートンにとっては師匠であり、恩人でもあった。
Arbuckle-Chaplin
Arbuckle-Keaton  キートンは事件当初からアーバックルの無罪を信じて疑わず、事件後も、彼が亡くなるまで、映画界に復帰できるように尽力していたという。
  (左の写真) 『デブ君の給仕』 (1918年) キートン(右)と

  事件から3年後、アーバックルは名義を 「William Goodrich
として、マイナー会社でB級映画の監督として復帰。この名義は 「Will be Good  = きっと良くなる」 をもじったもので、キートンが命名したという。
 しかし、メジャーの檜舞台で再び脚光を浴びることはなく、1933年、46歳で亡くなった。 
 アーバックルは日本でも 「でぶ君」 の愛称で人気者であったという。何しろ、「でぶ」 という言葉を普及・定着させたのはアーバックルなんだそうです。  (右の写真) ジャッキー・クーガン
Arbuckle Coogan

1922年
 迷宮入りとなった映画監督殺人事件 (アメリカ)
 映画監督のウィリアム・デズモンド・テイラー (1872-1922) が、自宅で何者かに射殺された。
 自宅の使用人など、10数名もの人物が容疑者・参考人として取り調べを受けたが、真犯人が分からず、事件は迷宮入りとなった。
  (右の写真) ウィリアム・デズモンド・テイラー

 
 この事件は、2人の女優の人生に大きな影を落とした。
William Desmond Taylor
 1人は メアリー・マイルズ・ミンター  (1902-1984)
Mary Miles Minter  1915年、13歳で銀幕デビュー。テイラー監督による 『赤毛のアン』 (1919年) 等がヒット。将来を嘱望された若手の人気女優だったが、事件後、彼女が30歳も年上のテイラー監督に宛てて書いたラブレターが発見され、スキャンダルとなった。 (左の写真) メアリー・マイルズ・ミンター

 更に、彼女の母親シャーロット・シェルビーの醜聞が拍車をかけた。元舞台女優のシャーロットは、娘を金の成る木としかみなさない強烈なステージママ
だったようである。しかも、テイラー監督を射殺したものと酷似した拳銃を
所持していたという。金の成る木を横取りされてはたまらない、という動機も考えられたことから、1番の容疑者と噂されもした。
 メアリーは事件の翌年に女優業を引退。2年後には、映画の出演料を巡って母親を訴えている。

 もう一人は メーベル・ノーマンド (1892-1930)
 1910年に銀幕デビュー。ドタバタ喜劇の立役者マック・セネットの恋人で、セネット率いるキーストン社で人気No.1のコメディエンヌとなった。
 キーストン社では、後輩となるチャップリンやロスコー・アーバックルとも共演。日本でも 「ハネ子」 の呼び名で人気を博していた。
  (右の写真) メーベル・ノーマンド
 セネットと別れた頃からアルコールやドラッグに浸るようになり、テイラー監督は彼女を薬物依存症から立ち直らせようと尽力していたらしい。
 テイラー監督が殺害される前、最後に会っていたのが彼女であったことか
Mabel Normand
Normand_Chaplin
ら、重要参考人として取り調べを受け、その際に、ドラッグ中毒であることがマスコミによって暴露されてしまった。
 更に、ノーマンドは2年後にも別の事件に巻き込まれることとなる…。
  (左の写真) 『他人の外套』 (1914年) チャップリンと
 余談だが、名作 『サンセット大通り』 (1950年/監督:ビリー・ワイルダーグロリア・スワンソン扮する主人公ノーマ・デズモンドの名前は、メーベル・ノーマンドとウィリアム・デズモンド・テイラー監督の名前が由来となっている。 

1922年
 伝説の美男スター、ルドルフ・ヴァレンチノが重婚罪で拘留 (アメリカ)
 ( ルドルフ・ヴァレンチノのページをご参照下さい。)

1922年  ハリウッド映画自主規制へ (アメリカ)
 ロスコー・アーバックル事件などで、ハリウッドに向けられる世間の目は厳しさを増していった。すなわち、ハリウッドは 「映画の都」 ならぬ、奇人、変人、そして、犯罪者が集う 「悪人の都」 であると。

 危機感を抱いたハリウッドは、業界団体MPPDA (アメリカ映画製作配給業者協会) を発足させた。
 初代会長に前郵政長官のウィル・H・ヘイズが就任し、「ヘイズ・オフィス」 とも呼ばれた。 
  * MPPDA … 現在のMPAA
 MPPDA は、風紀上好ましくない映像等を自主規制・検閲し、1930年に映画製作倫理規定 (=ヘイズ・コード)を制定した。
 キス・シーンは3秒以内という規制もあったが、ヒッチコック監督『汚名』 (1946年) の中で、主演の男女に3秒以内のキスを繰り返させ、2分半に及ぶキス・シーンを展開させて見せるなど、思わぬ名シーンも生み出すことにもなった。
  (右の写真) 『汚名』 ケーリー・グラントイングリッド・バーグマン
Notorious

< 前ページ >  < 次ページ >

HOME