20世紀・シネマ・パラダイス

filmbar
Gone with the Wind P3

       風と共に去りぬ
        Gone with the Wind
        監督:ヴィクター・フレミング
        (1939年/アメリカ)
filmbar

ハリウッド映画の金字塔

< 3ページ目 >

 
 メラニー・ハミルトン役 オリヴィア・デ・ハヴィランド Olivia De Havilland

  ・製作者デビッド・O・セルズニックは、ジョーン・フォンテインの起用を考えていたが、彼女はスカーレット役を狙っていたため、姉のオリヴィアを推薦したと言われている。
Olivia De Havilland Olivia_De_Havilland-3 Olivia_De_Havilland-4


Gone with the Wind-8


  アシュレー・ウィルクス役 レスリー・ハワード Leslie Howard

  ・出演を渋っていたが、セルズニックが、『別離』 (1939年) の共同製作者にすることを条件に出演を承諾させた。
Leslie Howard Leslie_Howard-3 Leslie_Howard-4


Gone with the Wind


  映画の完成 〜 伝説の始まり

 ・セルズニックが映画化権を得てから3年。製作費400万ドル超 (推計)、当時の日本円で約15億円という空前の巨費を投じた超大作がついに完成。
 1939年12月15日、物語の主要舞台であり、原作者マーガレット・ミッチェルの故郷でもあるジョージア州アトランタでプレミア興行。その日は州議会 で休日と定められ、アトランタ市では3日間に渡る祝賀パレードが開催され、延べ100万人がアトランタ市を訪れた。

youtubelogo
 『風と共に去りぬ』 アトランタでのプレミア興行時のニュース映像


 ・映画は興行成績の記録を塗り替える空前の大ヒット。家庭用ビデオ・DVDが普及するまでは、「世界中で 『風と共に去りぬ』 が上映されない日はない 」 と言われた程、世界各国でリバイバル上映もされ、インフレ調整後の興行成績では未だに歴代NO.1。
 日本では1952年 (昭和27年) にやっと初公開され、外国映画としてはその年最大のヒット作となった。

Gone_with_the_Wind

  アカデミー賞

 ・1939年度のアカデミー賞。 例年以上に豊作の年で、『駅馬車』『スミス都へ行く』『ニノチカ』『オズの魔法使』 といった映画史に残る名作が揃っており、激戦が予想されたが、『風と共に去りぬ』 の圧勝であった。
  尚、この年は、新聞社が選考結果を事前に発表してしまうアクシンデントが発生している。
   「ロサンゼルス・タイムズ 紙」 のフライング

 ・ノミネート … 13部門でノミネート。 『イヴの総て』 (1950年) が14部門でノミネートされるまで最多記録であった。

 ・受賞 作品、主演女優、助演女優、監督、脚色、撮影(カラー部門)、室内装置(美術)、編集の8部門と特別賞 (劇的な色彩の使用に対して)を受賞。
  8部門での受賞は、『地上より永遠に』 (1953年)が並び、『恋の手ほどき』 (1958年) が9部門で受賞するまで最多記録であった。
Vivien_Leigh_Oscar

Gone with the WInd-11  ・オリヴィア・デ・ハヴィランドとハティ・マクダニエルのダブル・ノミネートとなった助演女優賞は、ハティに軍配が上がった
 
オリヴィアの所属するワーナー・ブラザーズ社が、彼女の後押しをしなかったとも言われている。
  (左の写真) ヴィヴィアン・リーとハティ・マクダニエル

 ・ノミネートも逃した助演男優賞は、スカーレットの父親を演じたトーマス・ミッチェルが、『駅馬車』 の演技でオスカーを獲得。
  (右の写真) ヴィヴィアン・リーとトーマス・ミッチェル
Gone_with_the_Wind-2

Clark_Gable-4
 ・『風と共に去りぬ』 の受賞ラッシュの中、『チップス先生さようなら』 のロバート・ドーナットに敗れてしまったクラーク・ゲーブルは、「MGMが、熱心な宣伝活動をしなかった 」 と嘆き節であったとか。
  (左の写真) クラーク・ゲーブル


  マミー役 ハティ・マクダニエル Hattie McDaniel

 ・黒人俳優として初めてオスカーを獲得し、歴史を作ったハティ・マクダニエル。

 ・1895年、カンザス州生まれ。父親は牧師、母親は宗教歌手。13人兄弟の末っ子だった。
 10代の頃から歌手として活躍。1915年、黒人女性では初めてラジオで歌を唄った。
 ラジオ番組でレギュラーを持つなど、人気者となったが、タレント業以外にメイドとして働かなければならない程、給料は低かった。
Hattie McDaniel

Hattie McDaniel Oscar  ・1932年に銀幕デビュー。生涯で300本以上の映画に出演したが、名前がクレジットされたのは80本あまり。

 ・『風と共に去りぬ』 (1939年) のマミー役で、黒人俳優として初めて助演女優賞にノミネートされ、見事に受賞。名前を発表されると 「ハレルヤ !!」 と叫んだ。
  (左の写真) フェイ・ベインダーからオスカー像を贈られるハティ

 ・『風と共に去りぬ』 のプレミア興行が開催されたアトランタは、人種差別が根強い地であるためハティの参加は見送られた。彼女の不参加を知ったクラーク・ゲーブルがプレミア興行をボイコットすると 言い出したが、ゲーブルを説得して参加を促したのは、他ならぬハティ・マクダニエル本人であった。2人は私生活でも親友であったという。
  (右の写真)  『風と共に去りぬ』 でクラーク・ゲーブルと
Hattie McDaniel-2

 ・1952年57歳で 他界。ハティは生前、「ハリウッド墓地」 に埋葬されることを望んでいたが、黒人であるために許可されなかった。しかし、1999年に墓地の所有者が変わり、名称も 「ハリウッド・フォーエバー墓地」 と変更。ハティの慰霊碑が建立され、人気の観光スポットとなっている。

Hattie McDaniel-3  ・ハティが獲得したオスカー像は現在行方不明である。
 彼女の死後、全米屈指の名門ハワード大学 (黒人大学) で展示されていたが、公民権運動が盛んな1960年代に盗み出されて、川へ投げ捨てられたとの説もあるが、定かではないらしい。
  (左の写真)  『風と共に去りぬ』 でヴィヴィアン・リーと

 ・『プレシャス』 (2009年) でアカデミー賞助演女優賞を受賞した黒人女優のモニークが、ハティが授賞式で着ていたのと似た衣装で授賞式に登場。黒人初のオスカー俳優であるハティをレスペクトした。
  (右の写真) オスカー像を手にするハティ・マクダニエル
Hattie_McDaniel-4


Vivien Leigh-4
Clark Gable-3
Olivia De Havilland-2
Leslie Howard-2


  伝説の続き
 
 ・『風と共に去りぬ』 は本国アメリカでも何度かリバイバル公開されている。1961年には、南北戦争100周年記念として、初公開時と同じアトランタの劇場で上映会が行われた。既に、レスリー・ハワード(43年没)、マーガレット・ミッチェル(49年没)、ヴィクター・フレミング(49年没)、クラーク・ゲーブル(60年没) が故人となっていたが、セルズニック、ヴィヴィアン・リー、オリヴィア・デ・ハヴィランドが、再びアトランタの地を訪れている。

youtubelogo
 『風と共に去りぬ』 1961年、南北戦争100周年記念上映会のニュース映像



 ・AFI (アメリカ映画協会) が1998年に選定した 「アメリカ映画100年ベスト100」 では、第4位にランクイン。

 ・AFIが選定した 「アメリカ映画 名セリフ ベスト100」 では、以下のセリフがランクイン。

Gone with the Wind-13  <第位> 「Frankly, my dear, I don't give a damn.
 セルズニックは 「Damn 」 が禁止用語(当時)であることを承知の上で使用し、後で罰金を支払っている。

Gone with the Wind-14  <第31位> 「After all, Tomorrow is another day. 」
 日本では、「明日は明日の風が吹く 」 の訳が有名。
 『風と共に去りぬ』 と言えばこのセリフ。

Gone with the Wind-15  <第59位> 「As God is my witness,  I'll never be hungry again.
 過酷な撮影スケジュールで、ヴィヴィアン・リーは本当に疲労困憊していたらしい。

 ・日本では、キネマ旬報社が1999年に選定した 「オールタイム・ベストテン 外国映画編」 で、第5位にランクイン。

 ・1999年、セルズニックに与えられた 『風と共に去りぬ』 作品賞のオスカー像が競売に出され、King of Pop マイケル・ジャクソンが150万ドル (日本円で約1億5千万円) で落札。大きな話題となったが、その後、「盗品」 扱いとして、アカデミー協会が1ドルで回収している。

youtubelogo
 『風と共に去りぬ』 予告編



Gone with the Wind-16

< 主題曲 「タラのテーマ」 >

< 前ページ >
  
HOME