20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

映画界 事件&スキャンダルの歴史

Scandalbar

< 8ページ目 >

1942年
 『女優フランシス』 の転落
 
1942年10月19日戦時下で灯火管制にあったサンタモニカ  (カリフォルニア州ロスアンゼルス郡)で、ヘッドライトを灯けた車が警官に停止させられた。運転手は女優のフランシス・ファーマー。この時から、彼女の10
年に及ぶ転落が始まった…。

 フランシス・ファーマー。1913年、ワシントン州シアトル生れ。
 
 16歳の時に、ニーチェに啓発されて書いたエッセイ 「神は死んだ 」 が、雑誌のコンテストで表彰された。
 名門ワシントン大学へ進学し、演劇を専攻。在学中、左翼系新聞社のコンテストで優勝した懸賞でモスクワへ旅行した。
  (右の写真) フランシス・ファーマー
Frances Farmer

 1935年、パラマウント社と7年の契約。才色兼備。将来を嘱望されてハリウッドへ。
Leaf Erickson   『家族一連隊』 (1936年) で銀幕デビュー。B級 (低予算) 映画ではあったが、いきなりの主役デビュー。同年、俳優のリーフ・エリクソンと結婚した。
  
(左の写真) 最初の夫リーフ・エリクソンと (1942年に離婚)

 
ビング・クロスビーの相手役を務めた 『愉快なリズム』、独立系の製作者・サミュエル・ゴールドウィンに貸し出されて出演した 『大自然の凱歌』 (監督:ウィリアム・ワイラー がヒット。「グレタ・ガルボの再来」 と絶賛された。

Rhythm on the Range
Come and Get It
『愉快なリズム』 (1936年) ビング・クロスビーと 『大自然の凱歌』 (1936年) エドワード・アーノルド

 
しかし、彼女は演技力よりも容姿を重視してのキャストに不満であった。また、スタジオからの要請であるパーティーへの参加や、ゴシップ欄を賑わすための男性スターとのデートなどを拒んだ。

 演技派を志していた彼女は、翌1937年からブロードウェイの舞台にも立つようになり、出演した舞台 「ゴールデン・ボーイ」 の劇作家クリフォード・オデッツと不倫の関係になった。
  * クリフォード・オデッツ … オスカー受賞女優のルイーゼ・ライナーと結婚 (1937-1940) していたが、
フランシスとの不倫
    が原因で離婚。代表作の1つである 「ゴールデン・ボーイ」 は、バーバラ・スタンウィックウィリアム・ホールデン主演で
     映画化 (1939年) もされた。

The Toast of New York
Son of Fury
『富豪一代』 (1937年) ケーリー・グラント 『激闘』 (1942年) タイロン・パワー

 ハリウッドの水に合わず、結婚生活も上手くいってなかった彼女はアルコールに依存するようになった。
 学生時代の経歴、そして、不倫相手のクリフォード・オデッツが共産主義者であったことも災いした。
 フランシスは、高学歴でアカにかぶれた高慢ちきな無神論者、共産主義者とのレッテルを貼られた。
 
 1942年、新作 『Take a Letter, Darling 』 のリハーサルをすっぽかし、パラマウント社を解雇された。

   … 1942年10月19日、灯火管制にあったサンタモニカで、ヘッドライトを灯けて車を運転していたため警官に止められた。そして、飲酒運転を咎めた警官に暴行を働き、公務執行妨害で投獄された。
  * 無免許運転との説もある。

 500ドルの罰金を科せられ、250ドルを支払った。残額を支払う猶予期間 (180日) は、警察の保護観察下に置かれることとなった。

 1943年1月、罰金の残額を支払わず逮捕。
 公判で、裁判官にインク瓶を投げつけ、刑務所行きに。
  (右の写真) 警官に連行されるフランシス

 精神病と診断され、ロスの精神病院に収容。
 インスリンのショック療法を施された。
Frances Farmer-2
Frances Farmer-3  1943年9月、母親の訴えが認められ、精神病院から退院。

 シアトルに戻り、半年ほどは平穏に暮らしていたが、母親に暴行を働くようになり、再び精神病院へ。電気ショック療法を施され、1944年の夏に退院。

 父親とネバダ州へ旅行中に逃亡。カリフォルニア州にて浮浪罪で逮捕。
 1945年5月、シアトルの精神病院に再収容。
 看守に性的暴行を加えられ、自分の排泄物を食べさせられたという話もある。
 ロボトミー手術を施されたとの説もあったが、これは事実ではない。

 約5年間、精神病院に収容され、1950年3月に仮釈放。

Frances Farmer-4
 1951年、再婚 (1958年に離婚)。 

 1953年、精神病の完治が認められ、市民権を回復。
 サンタモニカで逮捕されてから、「神は死んだ 」 転落の10年が漸く終わった。

Frances Farmer-5
 1958年、3度目の結婚 (1963年に離婚)。再び舞台に立つようになり、TVにも出演した。「フランシス・ファーマー・プレゼンツ」 という番組は、1964年まで6年間も続いた。

 復帰後、1本だけ映画にも出演。『The Party Crashers(1958年)。パラマウント社のB級映画だった。

 1970年
56歳で他界。

 1982年、彼女の人生を描いた ジェシカ・ラング主演の映画 『女優フランシス』 が公開された。

 1993年、彼女と同じシアトル出身のロック・バンド、ニルヴァーナが、アルバム 「イン・ユーテロ」 を発表。
 「フランシス・ファーマー・ウィル・ハヴ・ハー・リヴェンジ・オン・シアトル」 という曲が収録されている。
  ニルヴァーナのカート・コバーンは、フランシスが共産主義者と見なされたために不当に逮捕され、精神病院に入れられたとしているが、 真実はどうだったのか?

1943年
 『風と共に去りぬ』 のアシュレー役レスリー・ハワードが非業の死を遂げる (イギリス)
 
レスリー・ハワードのページをご参照下さい )

1943年
 チャップリン 子供を認知しろと訴えられる (アメリカ)
 ( 「チャップリン 愛の遍歴」 のページをご参照ください )

< 前ページ > < 次ページ >

HOME