20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

映画界 事件&スキャンダルの歴史

Scandalbar

< 9ページ目 >

1944年
 ‟メキシコの癇癪娘” ルーペ・ヴェレスのスキャンダラスな生と死
 メキシコで、レビューの人気スターとして活躍しているところをスカウトされアメリカへ。「極楽コンビ」 ローレル&ハーディ主演の短編喜劇映画で銀幕デビュー。
 ダグラス・フェアバンクス主演の 『ガウチョ』 (1927年) のヒロインに抜擢され、以後、『嵐』 (1930年/監督:ウィリアム・ワイラー、『スコオ・マン』 (1931年/監督:セシル・B・デミル 等でヒロインを務め、主演のコメディ 『Mexican Spitfire 』 シリーズ (1939〜43年) は、8本も製作された。
Lupe_Velez
 「Spitfire 」 は、「癇癪もち」 の意であるが、役柄同様に、実生活でも気性が激しく、共演女優を殴りつけたこともあったという。
 多くの著名人と浮名を流し、ゴシップ欄を賑わせた。その中には、クラーク・ゲーブルジョン・ギルバートエロール・フリンなどの名もあるが、特に有名なのが、ゲーリー・クーパーとのロマンスである。
Lupe_Velez_&_Gary_Cooper
 クーパーとは、『狼の唄』 (1929年/監督:ヴィクター・フレミング で共演し、交際が始まったが、クーパーから別れ話を切り出されると、ナイフや拳銃を持って追い回したという。クーパーは精神的なストレスにより、体重が激減したという。
  (左の写真) ゲーリー・クーパーと
 その後、水泳選手として2度のオリンピックで5つの金メダルを獲得し、映画 『ターザン』 シリーズ (1932〜48年) で人気を博したジョニー・ワイズミューラーと33年に結婚したが、家庭内暴力が絶えず、3度の訴訟の末、39年に離婚した。
  (右の写真) 夫のジョニー・ワイズミューラーと
Lupe_Velez_&_Johnny_Weissmuller
 離婚後も数人の男性と交際し、最後の相手は、まだ駆け出しの年若い俳優 (チンピラ・ジゴロのような男だったとか) だった。当時36歳の彼女は初めて身籠ったが、この相手とも喧嘩別れをしてしまった。カトリック教徒であった彼女は、中絶することが出来ず、私生児を産む ことも良しとしなかった。
 2人の女友達を招き、最後の晩餐として母国のメキシコ料理を食した後、ベッドに横たわると大量の薬を飲み込んだ。近くには遺書もあった。
  ところが、激しい吐き気で目を覚ました彼女は、バスルームへ駆け込んだが、床のタイルに足をとられ、便器に頭を突っ込んで、溺死したという。
  
* は、暴露本作者の作り話で、実際はベッドの上で死んでいたとの説もある。

1945年
 ハリウッド 流血の 「黒い金曜日」
 ハリウッドの撮影所の裏方たちの組合は、「撮影所組合会議」 と 「撮影所国際同盟」 の2つがあった。
 1945年3月、「撮影所組合会議」 が大規模なストライキに突入したが、各社撮影所は 「撮影所国際同盟」 の労働者たちの協力を得て、撮影を継続していた。
Hollywood_Black_Friday
Hollywood_Black_Friday-2
 1945年10月5日の金曜日。ワーナー・ブラザーズ社の撮影所でピケを張っていた 「撮影所組合会議」 の労働者たちを、警官隊が催涙弾を用いて排除するという流血の事態が発生した。
 後にハリウッドで猛威を振るった ‟赤狩り” の呼び水ともなったと言われている事件。

1947年
 下院非米活動委員会 (HUAC) による ‟赤狩り” の聴聞会 〜 ‟ハリウッド・テン”の追放
  
詳細はこちら
 

1948年
 パラマウント訴訟 〜 曲がり角を迎えたハリウッド
 
製作・配給・興行の全てを自社で賄っていたハリウッドのメジャー各社に対して、独占禁止法に抵触するとの判決が下された。メジャー各社は映画館 (興行) を手放すこととなり、ハリウッドの ‟スタジオ・システム” は終焉を迎えた。

 また、48年度のアカデミー賞において、作品賞に2本 のイギリス映画 (『ハムレット』、『赤い靴』 ) がノミネートされるに及んで、メジャー各社はアカデミー賞への資金協力を中止することとなった。

1948年
 ロバート・ミッチャムがマリファナ所持で逮捕。1ヶ月以上、臭い飯を食う
 1948年9月1日。‟スリーピング・アイ” (眠たげな目) のタフガイとして人気スターの地位を確立していたロバート・ミッチャムが、マリファナ所持の容疑で逮捕された。
 その後の裁判で、60日間の懲役と2年間の保護観察処分が言い渡され、49年2月16日〜3月30日までの43日間、刑務所で臭い飯を食った。
  (右の写真) 刑務所の部屋を掃除しているロバート・ミッチャム

 ティーンエイジのミッチャムは、正真正銘の ‟バッド・ボーイ” だった。
Robert_Mitchum_1949
 14歳の時に家を飛び出し、肉体労働に従事しながら各地を放 浪。16歳の時に、浮浪罪で逮捕されたこともあった。この放浪中にマリファナ吸引を覚えたらしい。腕っぷしにも自信があり、ヘビー級のプロ・ボクサーとしてリングに上がったこともあった。

Robert_Mitchum_1949-2
 逮捕・投獄された時は、俳優としてのキャリアは台無しになったと思ったという。しかし、逮捕後に公開された作品はヒットし、当時、彼が契約していたRKO社のボス、ハワード・ヒューズのお気に入りの俳優であったことも幸いだった。
 出所後は、‟バッド・ボーイ” のイメージを逆手に取り、フィルム・ノワール作品を中心に活躍。中年となってからも、風格ある演技を披露し、息長く活躍。伝説のスターの1人となった。 (左の写真) 出所時のロバート・ミッチャム

1949年
 イングリッド・バーグマンの不倫スキャンダル
 「
いつでもあなたと映画を作る準備があります 」。『無防備都市』 (1945年) に感銘を受けたイングリッド・バーグマンが、監督のロベルト・ロッセリーニに手紙を書いた。
 1949年3月、同監督の『ストロンボリ/神の地』 に出演するためイタリアへ飛んだバーグマンは、ロッセリーニ監督と恋に落た。
 当時人気No.1のスーパー・スターの不倫は、世界中の映画ファンに衝撃を与えた一大スキャンダルとなった。
 詳細はこちら
Ingrid_Bergman
Roberto_Rossellini_&_Ingrid_Bergman

随時追加していきます。

< 前ページ > < 次ページ >

HOME