20世紀・シネマ・パラダイス

Scandalbar

映画界 事件&スキャンダルの歴史

Scandalbar

< 6ページ目 >

1935年
 人気女優の不可解な死 (アメリカ)
 ‟アイスクリーム・ブロンド” の愛称で人気を博していた女優のセルマ・トッド (1905-1935) が、車庫に止めてある車の中で死んでいるのが発見された。捜査の結果、事故による一酸化炭素中毒死と結論づけられたが…。

 セルマ・トッド。20歳の時に、マサチューセッツ州の美人コンテストで優勝。
 パラマウント社にスカウトされて、1926年に銀幕デビューした。
 ローレル&ハーディマルクス兄弟バスター・キートンなどの喜劇映画でヒロインを務め、人気女優に。
 1934年、ロス近郊に 「セルマ・トッドのサイドウォーク・カフェ」 をオープンし、副業でも成功していた。
  (右の写真) セルマ・トッド
Thelma Todd

Monkey Business Speak Easily
『いんちき商売』 (1931年)
グルーチョ・マルクスと
『キートンの歌劇王』 (1932年)
 バスター・キートンと

 そんな彼女が車の中で死体で発見された。自殺の動機は皆無だったそうだ。本当に事故だったのだろうか?。殺害されたとする説が2つある。

 @ セルマのカフェは立地も客筋も良く、そこにギャンブル場建設を目論んでいたマフィアの大ボス、ラッキー・ルチアーノの一味に殺害されたとの説がある。

 A カフェの共同経営者でセルマの恋人でもあったとされるのが、映画監督のローランド・ウェスト。セルマの主演映画 『海賊』 (1931年) も撮っている。彼はセルマの死後、忽然と映画界から姿を消したそうである。そして、亡くなる (1952年) 前に、セルマの殺害を告白したとの証言もあるようだ…。

1936年
 サイレント映画スターの悲劇 (アメリカ)
 「お楽しみはこれからだ! - You ain't heard nothin' yet! - 」 。『ジャズ・シンガー』 (1927年) 、主演のアル・ジョルソンの台詞でトーキーの時代へ突入したハリウッド。しかし、トーキーに順応出来ず、姿を消していったスターもいた。

 ジョン・ギルバート (1897-1936年)。サイレント期の大ヒット作 『ビッグ・パレード』 (1925年/監督:キング・ヴィダー等に出演。
 ルドルフ・ヴァレンチノ (1926年他界)亡き後のハリウッドにおいて、人気NO.1の美男スターとなった。
 ラヴ・シーンの名手と言われ、『肉体と悪魔』 (1926年)等で共演したグレタ・ガルボとは、「世紀の美男美女」 として絶大な人気を誇り、私生活でのロマンスも噂された。 (右の写真) ジョン・ギルバート
John Gilbert
His_Glorious_Night
 自身初のトーキー作品 『彼の栄光の夜』 (1929年) で、イメージとかけ離れた声により人気が失墜。
  (左の写真)
『彼の栄光の夜』 キャサリン・デール・オーウェンと
 
ガルボの指名で5年ぶりに共演した 『クリスチナ女王』 (1933年) は大ヒットしたが、ギルバートの人気回復とはならなかった。
 仕事が減り、酒に浸る生活を送るようになっていたという。
 1936年、2年ぶりの出演作となるはずであった 『真珠の頚飾』 (監督:フランク・ボゼージ の撮影中に楽屋で倒れ、そのまま帰らぬ人となった。死因はアルコール誘発性の心臓発作。享年38歳であった。
 
 (右の写真) 幻の出演作となった 『真珠の頚飾』 撮影時。
   主演のマレーネ・ディートリッヒゲーリー・クーパー(右)と

 『ラジオスターの悲劇  (Video killed the Radio Star ) 』(1979年) という洋楽のヒット曲があったが、ジョン・ギルバートの最期は、「サイレント映画スターの悲劇  (Talkie killed the Silent Star )」 だと言える。
Desire

1936年  混乱のアカデミー賞 初の受賞拒否者 (アメリカ)
 この年、不況下で賃金カットを迫る会社側と対立していた各組合は、会社側が牛耳っていたアカデミー賞授賞式のボイコット運動を展開。

 当時のアカデミー協会会長フランク・キャプラは、出席者を増やす為、既に引退していたものの、「アメリカ映画の父」 として崇拝されていた D・W・グリフィス監督を招き、名誉賞を贈呈するなど趣向を凝らし、何とか授賞式開催に漕ぎ着けた。
   (右の写真) 左から、主演男優賞のヴィクター・マクラグレン
    主演女優賞のベティ・デイビス、D.W.グリフィス
1936_Academy_Awards
 しかし、『男の敵』 (監督:ジョン・フォードで脚色賞を受賞したダドリー・ニコルズ (1895-1960) は、脚本家組合の仲間たちを裏切ることになるとして受賞を拒否。アカデミー賞史上初の受賞拒否者となった。
  * ダドリー・ニコルズ  … 他に、 『赤ちゃん教育』、『駅馬車』『誰が為に鐘は鳴る』 などの脚本・脚色作品がある。
 その後、キャプラ会長は大手映画会社の経営者たちによって占められていた協会会員数を7倍近くに増やすなどの改革を実施。アカデミー賞が映画人全体のものになるように尽力した。

< 前ページ >  < 次ページ >

HOME