20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Audrey_Hepburn-2

オードリー・ヘップバーン

Audrey Hepburn

 1929- 1993 (イギリス)

 

heartbar

< 2ページ目 >

 ・唯一の西部劇となった 『許されざる者』 (1960年) の撮影中、落馬事故により2度目の流産をしてしまった。作品は、ジョン・ヒューストン監督自身が失敗作と認める出来となった。
 (右の写真) 『許されざる者』 バート・ランカスター
The_Unforgiven

Sean_Ferrer
 ・1960年7月、長男ショーンを出産。
 (左の写真) 夫のメル・ファーラー、長男のショーンと

 ・母親となって最初の作品 『ティファニーで朝食を』 (1961年/監督:ブレイク・エドワーズ) は代表作の1つとなった。主題歌 「ムーン・リバー」 も大ヒット。 
 アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされた (4度目)。
 (右の写真) 『ティファニーで朝食を』 ジョージ・ペパード
Breakfast_at_Tiffany's-2

The_Children's_Hour
 ・恩師ウィリアム・ワイラー監督と再び組んだ 『噂の二人』 (1961年) は、ワイラー監督が自身の作品 『この三人』 (1936年) を自らリメイクした作品。
 (左の写真) 『噂の二人』 シャーリー・マクレーン(左)と

 ・スタンリー・ドーネン監督と再びパリを舞台に組んだ 『シャレード』 (1963年)は、ヒッチコック作品さながらのサスペンス映画。オードリーは英アカデミー賞の主演女優賞を受賞(3度目)した。
 (右の写真) 『シャレード』 ケーリー・グラント
Charade

Paris_When_It_Sizzles
 ・『パリで一緒に』 (1964年) は、フランス映画 『アンリエットの巴里祭』 (1952年/監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ のリメイク作。
 『麗しのサブリナ』 (1954年)で共演した時には恋に落ちたとも言われているウィリアム・ホールデンと10年ぶりの共演をした。
 (左の写真) 『パリで一緒に』 ウィリアム・ホールデンと

 ・自身2作目のミュージカル映画 『マイ・フェア・レディ』 (1964年/監督:ジョージ・キューカーは、撮影後に歌声が吹き替えられ心を痛めた。
 アカデミー賞では12部門でノミネートされ、作品賞など8部門で受賞したが、オードリーは主演女優賞にノミネートすらされなかった。彼女にとって苦い思い出の方が多いかもしれない作品。
 (右の写真) 『マイ・フェア・レディ』 ジェレミー・ブレット(左)、レックス・ハリソン(右)と
My_Fair_Lady

 ・ウィリアム・ワイラー監督との3作目 『おしゃれ泥棒』 (1966年)、スタンリー・ドーネン監督との3作目 『いつも2人で』 (1967年) に出演。
How_to_Steal_a_Million Two_for_the_Road
『おしゃれ泥棒』 ピーター・オトゥール
『いつも2人で』 アルバート・フィニー

Wait_Until_Dark-2
 ・盲目の人妻を演じた 『暗くなるまで待って』 (1967年/監督:テレンス・ヤング でアカデミー賞の主演女優賞にノミネート (5度目)。
 当時の夫メル・ファーラーが製作した作品。
 (左の写真) 『暗くなるまで待って』 ジュリー・ヘロッドと

 ・1968年、メル・ファーラーと離婚。
 1969年、40歳の時に、30歳のイタリア人の精神科医アンドレア・ドッティと再婚。
 (右の写真) アンドレア・ドッティとの結婚式時
Andrea_Dotti
Luca_Dotti
 ・1970年、次男ルカを出産。
 (左の写真) 次男のルカと

 ・『ロビンとマリアン』 (1976年/監督:リチャード・レスター) で9年ぶりに銀幕復帰。
 その後、『華麗なる相続人』 (1979年/監督:テレンス・ヤング)、『ニューヨークの恋人たち』 (1981年/監督:ピーター・ボグダノヴィッチ) に出演。
 (右の写真) 『ロビンとマリアン』 ショーン・コネリー
Robin_and_Marian

Robert_Wolders
 ・1982年、アンドレア・ドッティと離婚。
 その後、再婚はしなかったが、オランダ人俳優のロバート・ウォルダーズと生活を共にした。
 (左の写真) ロバート・ウォルダーズと

 ・8年ぶりの劇場用映画 『オールウェイズ』 (1989年/監督:スティーブン・スピルバーグ) で天使を演じたのが最後となった。
 (右の写真) 『オールウェイズ』 リチャード・ドレイファスと
Always

 ・1990年、ゴールデン・グローブ賞のセシル・B・デミル賞を受賞。プレゼンターはグレゴリー・ペック
youtube
 監督、共演者の名前を一気に読み上げ、授賞式会場を盛り上げた。 (2分50秒〜)


/UNICEF
 ・晩年はユニセフ (国際連合児童基金) の国際親善大使としての活動に尽力。その功績により、亡くなる1ヶ月前 (1992年12月) に大統領自由勲章を叙勲された。

 ・1993年1月、スイスの自宅にて63歳で他界。


 ・亡くなってから2ヶ月後に開催された第65回 (1992年度)アカデミー賞で、ジーン・ハーショルト友愛賞を受賞。同賞を同時受賞したエリザベス・テイラーは、「(オードリーは) 天国で愛する子供たちを見守っているでしょう 」 とスピーチした。

 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会)が選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、女優部門の第3位に選出。

Audrey_Hepburn-3
Audrey_Hepburn-4

< 前ページ >
< オードリー・ヘップバーン作品リスト > < オードリー・ヘップバーン写真館 >

HOME