20世紀・シネマ・パラダイス

hearttbar
Elizabeth_Taylor-2

エリザベス・テイラー

Elizabeth Taylor

 1932-2011 (イギリス/アメリカ)

愛称 : リズ  (Liz )
heartbar

< 2ページ目 >

 ・『バターフィールド8』 (1960年) を最後にMGM社を退社したリズは、史上最高額(当時) の100万ドルで、『クレオパトラ』(1963年) に出演。正にハリウッドの女王となった。撮影中、彼女が気管切開の手術を受けるなど、様々なトラブルに見舞われ、完成まで4年、史上最高額(当時) の製作費を要し、20世紀FOX社が倒産の危機に陥る空前の失敗作となった。
 (右の写真) 『クレオパトラ』 リチャード・バートン
Cleopatra-2

The_V.I.P.s
 ・『クレオパトラ』 の撮影中に、共演者のリチャード・バートンと恋に落ちた。
 バートンの次作 『予期せぬ出来事』 (1963年) のヒロインは、ソフィア・ローレンが候補だったが、リズは自ら売り込んで役を得た。
 バートンも既婚者であり、2人の関係はスキャンダルとなり、世間からはバッシングを受けた。
  (左の写真) 『予期せぬ出来事』 リチャード・バートンと
  
 5度目の結婚 (1964年3月15日〜74年6月26日)
 ・32歳の時に、リチャード・バートンと結婚。エディ・フィッシャーとの離婚が成立してから9日後のスピード再婚だった。
 彼女の結婚で1番長く続いた。
 (右の写真) リチャード・バートンと
Richard_Burton

Who's_Afraid_of_Virginia_Woolf-3
 ・バートンとの共演が続いた。夫婦となっての初共演作 『いそしぎ』 (1965年/監督:ヴィンセント・ミネリ に次いで、『バージニア・ウルフなんかこわくない』(1966年/監督:マイク・ニコルズ) で共演。リズは役作りの為に体重も増やした。白髪交じりの頭で、酒、タバコを飲み、口汚い言葉で夫役のバートンを罵った。子供の頃から美人と誉めそやされてきた女性が、よくぞここまでと言える醜態を演じて見せてた。(左の写真) 『バージニア・ウルフなんかこわくない』
 同作で、2度目のアカデミー賞主演女優賞を受賞。1度目は、病で死にかけたからの受賞だと自他ともに認めるところだったが、2度目は実力での受賞だった。
 授賞式当日、リズはロケでイギリスに滞在中。マスコミが駆けつけたが、喜びの声を聞くことは出来なかった。主演男優賞候補だったバートンが受賞を逃していた (バートンは5度目の落選だった)。夫婦揃っての受賞という夢が破れたため、また、夫バートンへの気遣いのため、リズはマスコミを追い返した。
 (右の写真) 『バージニア・ウルフなんかこわくない』 リチャード・バートンと
Who's_Afraid_of_Virginia_Woolf-2

Boom  ・『じゃじゃ馬ならし』、『ファウスト 悪のたのしみ』 (1967年) と、夫婦での共演が続いた。『禁じられた情事の森』 (1967年/監督:ジョン・ヒューストン では、4度目の共演が予定されていたモンゴメリー・クリフトが急死し、マーロン・ブランドと共演した。その後の2作、『危険な旅路』 (1967年)、『夕なぎ』 (1968年) では、再び夫婦で共演した。
  (左の写真) 『夕なぎ』 リチャード・バートンと

 ・1960年代末から、リズの映画の人気は衰え、恩師ジョージ・スティーヴンス監督の 『この愛にすべてを』 (1970年) も興行的に惨敗。夫婦で共演した 『Undr Milk Wood 』、『Hammersmith is Out (1972年) の2作は、日本では劇場公開すらされなかった。バートンとは、TVドラマ 「離婚・男の場合 離婚・女の場合」 (1973年) でも共演した。
  (右の写真) 『この愛にすべてを』 ウォーレン・ベイティ
The_Only_Game_in_Town

Ash_Wednesday  ・ヘンリー・フォンダと共演した 『別離』 (1973年) では、夫の愛を取り戻すために、全身若返りの整形手術を受ける人妻を演じた。作品の評価は芳しくなかったが、41歳でも衰えぬリズの美貌は賞賛され、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートもされた。
 (左の写真) 『別離』 ヘンリー・フォンダと

 6度目の結婚 (1975年10月10日〜76年7月29日)
 ・43歳の時に、リチャード・バートンと2度目の結婚。離婚してから1年も経たずに再婚したが、1年もたずに離婚した。
 この時期、主演映画は話題にならなかったが、私生活の方は大きな話題となった。
 (右の写真) リチャード・バートンと
Richard_Burton-2

The_Blue_Bird  ・アメリカとソ連の初の合作作品として注目を集めた 『青い鳥』 (1976年/監督:ジョージ・キューカーでは、チルチルとミチルの母親、光の精など4役を演じたが、作品は批評家から酷評され、興行的にも失敗作となった。
 (左の写真) 『青い鳥』

 7度目の結婚 (1976年12月4日〜82年11月7日)
 44歳の時に、上院議員のジョン・ウォーナーと結婚。選挙活動等、夫のキャリアを支える為、女優としての活動は少なくなった。
 (右の写真)
ジョン・ウォーナーと
John_Warner

The_Mirror_Crack'd
 ・オールスター・キャスト作品 『クリスタル殺人事件』 (1980年) では、『ジャイアンツ』 (1956年) 以来、24年ぶりにロック・ハドソンと共演した。
 (左の写真) 『クリスタル殺人事件』 撮影時。キム・ノヴァク(左)、ロック・ハドソンと

 ・1981年、49歳の時に、リリアン・ヘルマン原作の舞台劇 「子狐たち」 で、ブロードウェイ・デビュー。ブロードウェイでの2作目、ノエル・カワード原作の 「プライベート・ライヴス」 (1983年) では、前夫のリチャード・バートンと共演。
 バートンが1年後に他界。最後の共演となった。
 (右の写真) 舞台 「プライベート・ライヴス」 リチャード・バートンと
Private_Lives
 * 「子狐たち」 … 1941年に、ベティ・デイビス主演で映画化 (邦題:『偽りの花園』) もされた。
 * 「
プライベート・ライヴス」 … 1931年に、ノーマ・シアラー主演で映画化 (邦題: 『夫婦戦線』)もされた。

 8度目の結婚 (1991年10月6日〜96年10月31日)
Larry_Fortensky  59歳の時に、建設作業員のラリー・フォーテンスキーと結婚。入院していた病院で知り合い、リズの親友マイケル・ジャクソンの自宅ネバーランドで結婚式が執り行われた。彼女の最後の結婚・離婚となった。
 (左の写真) マイケル・ジャクソン(左)、ラリー・フォーテンスキーと

 ・『フリントストーン/モダン石器時代』 (1994年) が、最後に出演した劇場用映画となった。批評家から酷評された作品で、リズはゴールデン・ラズベリー賞の最低助演女優賞にノミネートされてしまった。
  (右の写真) 『フリントストーン/モダン石器時代』
The_Flintstones

These_Old_Broads.  ・TVドラマ 「だって女優ですもの」 (2001年) が、女優としての最後の作品となった。因縁浅からぬデビー・レイノルズとも共演したが、この作品は、デビーの娘、『スター・ウォーズ』 のレイア姫キャリー・フィッシャーの脚本である。
 (右の写真) 「だって女優ですもの」 撮影時。左から、ジョーン・コリンズ、
  シャーリー・マクレーン、エリザベス・テイラー、デビー・レイノルズ

 ・ロック・ハドソンの死(1985年) が契機で、エイズの撲滅運動、エイズ患者の救済活動に尽力した。その功績により、1992年度のアカデミー賞で、ジーン・ハーショルト友愛賞を受賞。授賞式の2ヶ月程前に他界したオードリー・ヘップバーンとの同時受賞だった。 (右の写真) 1992年度のアカデミー賞授賞式にて

 
・仏のレジオンドヌール勲章(1987年)、AFI (アメリカ映画協会)の生涯功労賞(1993年)、全米映画俳優組合の生涯功労賞(1997年)、大英帝国勲章(2000年)
大統領市民勲章(2001年) 等、数多くの賞や名誉を授かった。
Jean_Hersholt_Humanitarian_Award
 ・1999年、AFI (アメリカ映画協会)が選定した 「伝説のスター・ベスト50」 で、女優部門の第7位に選出。

 ・2011年79歳で他界。

 ・宝石やドレスなどの遺品がオークションに出品され、売上は1億8400万ドル (約147億2000万円)に達した。それを含め、彼女が死後に稼いだとされる金額は1年間で合計2億1000万ドル (約168億円)。フォーブス誌による 「故人長者番付」 (2012年) で、マイケル・ジャクソンを上回り、第1位となった (2013年は第4位)
 クレオパトラもビックリ!。正に、映画の都ハリウッドに君臨した最後の女王だった。

youtube
 エリザベス・テイラー トリビュート動画 (ナレーションはポール・ニューマン



Elizabeth_Taylor-3
Elizabeth_Taylor-4

< 前ページ >  < エリザベス・テイラー写真館 >

HOME